*ピエロ・エクリヴァン

投稿日:2017/04/25 09:18:14 | 文字数:1,018文字 | 閲覧数:319 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

仮面の裏に涙を隠すのは
笑わせるのがピエロの仕事だから。
いつかサーカスで出会い
何度も躍りを見せてあげた君に
最後の手紙を書いているピエロ。

モチーフにしたいと思っていたものの
なかなか機会がなかったピエロ・エクリヴァン。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

煤けたランプに細い灯が揺れる
洋墨より暗い月のない夜に
君に捧げよう想い出の詩(ポエジー)
ペン先で綴る過ぎ去りし日々よ

さあさご覧あれ 滑稽なマイム
聞かせておくれよ 鈴のような声を

白い指が螺を巻く
僕は君の自動人形(オートマタ)
その笑顔のためならと
躍り続けたけど

書きかけた文字に滴がこぼれる
滲んだ手紙は屑籠に棄てた

煤けたランプが燃え尽きて果てた
幸福な夢を夜風が連れ去る
寒さに震えてもう一度灯す
慰めにせめて幻がほしい

空を舞うクラブ 吼え猛る獣
手を叩きはしゃぐ 遠き日の記憶

"この螺を巻いてごらん"
"僕は君の自動人形"
君を笑わせるために
何度でも踊った

教会の鐘が低く鳴り響く
祈りを束ねた百合の花香る

仮面の向こうに隠していたのに
"どうか泣かないで" 
君はそう言った

たとえ螺を失くしても
僕は君の自動人形
白い笑顔貼り付けて
永久に踊るだろう

La La La...

仮面の笑顔で永久に踊るだろう

【歌いかた】
A1
すすけたランプに ほそいひがゆれる
インクよりくらい つきのないよるに
きみにささげよお おもいでのポエジー
ペンさきでつづる すぎさりしひびよ

B1
さあさごらんあれ こ(おっ)けいなマイム
きかせておくれよ すずの(よー)なこえを

S1
しろいゆびが ネジをまく
ぼくはきみの オオトマタ
そのえがおの ためならと
おどりつづけ たけど

かきかけたもじに しずくがこぼれる
にじんだてがみは くずかごにすてた

A2
すすけたランプが もえつきてはてた
こうふくなゆめを よかぜがつれさる
さむさにふるえて もういちどともす
なぐさめにせめて まぼろしがほしい

B2
そらをまうクラブ ほえたけるけもの
てをたたきはしゃぐ とおいひのきおく

S2
このネジをま-いてごらん
ぼくはきみの オオトマタ
きみをわらわ-せるために
なんどでも おど(おっ)た

きょうかいのかねが ひくくなりひびく
いのりをたばねた ゆりのはなかおる

B3
かめんのむこおに かくしていたのに
どうかなかないで きみはそおい(いっ)た

S3
たとえネジを なくしても
ぼくはきみの オオトマタ
しろいえがお はりつけて
とわにおどる だろお

ラララララ ラララ ラララララ ラララ
ラララララ ラララ ラララララ ラララ

かめんのえがおで とわにおどるだろー

曲先中心で作詞をします。
作曲少し勉強中。
タイトルに*のついた詞は曲がついていない物なので
もしよければお使いください。
お声かけいただければ修正リメイクも承ります。

民族調、幻想系が特に好きです。

ボカロ関連マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/43857950
ついった
https://twitter.com/divakrg

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP