ギフト

投稿日:2010/09/05 09:31:21 | タイム/サイズ:04:41/(5,490KB) | 閲覧数:221 | カテゴリ:音楽 | 全2バージョン

ライセンス:

■2010/09/05
ちょっとというか、再ミックスしました。


■2010/09/02
完成しますた。
歌詞について、唄界さんの了解も頂けたので、仕上げました。
唄界さん、わがまま、いつも、いつも、すみまてんm(__;m


■2010/08/29
デモバージョンでっす。
唄界さんの歌詞「ギフト」http://piapro.jp/content/k9102ffg7n6xpzalに曲を付けました。
歌詞を一部改変しています。
許可もらい次第、仕上げに入ります。

最初はミクトロニカとして構築していましたが、メロディーを重視したらば、どうやら上手く収まりそうもない状態になり、結局、重めのハウス<>ドラムンのようなものに再構築しました。テヘ

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

A1
今日も ひとつ箱開けるの
涙いっぱい 溢れて 溢れて
すっかり しょっぱい湖
他人(ひと)知れず できました


A2
今度も ひとつ箱開けるの
穴がぽっかり 転がり 転がり
うっかり 失踪ホリデー
君知れず 独りです

B1
名前を呼んでみたの
君がひょっこり 生える気がして
名前を呼んでみたの
君がガチャリと 出てくるようで

サビ1
君がいないなんて 嘘・嘘・嘘、デショ?
転んだ僕を 泣いてた僕を
一歩前で待っててくれた君だから
もうすぐ僕は死ぬんでしょ?


C1
箱を開けて 閉じて 積んで 積んで
最上階から見た景色
どうして君は 見つからないの?


B2
名前を呼んでみたの
君はきっとね 寝坊したんだ
名前を呼んでみたの
君はきっとね 遅刻してるの

サビ2
君の主成分は 愛・恋・僕、デショ?
置き去りの愛 未完の恋を
停止線に停めてはこない君だから
もうすぐ君は戻ってくるね

サビ3
君がいないなんて 嘘・嘘・嘘、デショ?
寂しい僕を 独りの僕を
一歩前で支えてくれる君だから
これはきっと君のイジワルだ

ならば僕は「オカエリ」の準備を
色とりどりの箱を抱えて待つよ

もっとみるLyrics by 唄界さん

FL使いです。リアルのバンドではkey。よろしく~ノシ

◆2010/3/20
ボカロイド制作ユニット「はなうた」"HANAUTA"始動。
http://www.myspace.com/fismajar

聴いている音楽の基本はクラシックで最近はRVWとかエルガー、ホルストなんてイギリスもの大好物です。近代ロマン派が主。
作る音楽は、エレクトロなポップと言う感じかと。
しかし、バンド活動では「パンクスピリッツのあるkeyだ」と御評価いただいてました、ええ、昔の話です(遠い目)

◆musictrackに登録しました。
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=14884

◎へたれイラストなんかも描きます。船ばっかですがw
PIXIV http://www.pixiv.net/member.php?id=616

◆ついったー
http://twitter.com/hyoubyou

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    かなり「クセ」を感じる曲です。…が、私はその「クセ」が好きです。

    人によって嗜好は違いますので、なかなか難しいですが、私のツボには完全にハマってます♪

    ただ「クセ」がある曲だけでしたら、星の数ほどありますが、「光るものを感じるクセ」なんですね。だからついついまた聴きたくなる曲です(・▼・)

    2011/06/27 23:06:52 From  世実

  • userIcon

    メッセージのお返し

    歌詞先行でイメージを膨らましたとき、胸の中の靄もやーっとした感じから鬱屈した感情へと音楽が生まれていったように思います。
    「クセ」って言う部分で世実さんになにか喜んで頂けているなら、作者としては嬉しいです。
    ありがとうございます!

    2011/06/28 21:32:57 縹渺

  • Your Ocean

    by 縹渺さん

  • ひかりごけ

    by 縹渺さん

  • Melancholy Apricot

    by 縹渺さん

  • marionetta diva

    by 縹渺さん

  • 千年ニ伝ウ恋

    by 774Pさん

  • いつか、そのときの為に

    by 縹渺さん

  • star dust

    by perieさん

  • Le sinter du pitre

    by 縹渺さん

  • 奇跡

    by 縹渺さん

  • 白と黒の絵

    by ミントブルーさん

もっと見る

▲TOP