恋愛否定主義

投稿日:2019/03/19 02:10:22 | 文字数:359文字 | 閲覧数:2 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

未完成です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

深夜2時1人うずくまって白煙を吐く
星は見えなくて三日月だけが明るいな
生物が寝静まって電子音が耳に響く
まるでこの世にボク1人だけみたいだ
こんな夜が大好きで大嫌いだよ
だって嫌でも君を思い出しちゃうから
どんなに前のことでも鮮明に覚えてるよ
忘れるはずがない忘れられるわけない
毎日想って海馬に焼き付けてるんだから
こんなのボクじゃない

恋なんて嫌い嫌い嫌い
ボクが壊れそうで不安なんだよ
どうかわかってよ 受け止めてよ
弱くてみじめなことなんて知りたくなくて
目を背ける
誰にもキミにも知られたくなくて飲み込む

深夜2時1人うずくまってまた煙を吐く
星は相変わらず見えなくて丸い月が光る
ウサギの嗤い声が届きそうだ
まるでこの世にボク1人だけみたいだ
そんな夜が大好きで大嫌いだよ
キミを想って苦しくなるから

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP