カラクリミューズ

投稿日:2011/07/11 16:41:24 | 文字数:418文字 | 閲覧数:269 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


君だけが完全な器の中の未完全なわたしを知っていた。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

街を渡る飛行船は雲の白に溶けて
昨日の雨など忘れたみたいに麗らかな様子
青いだけの空なんて興味ないって言って
それだけで君がそこにいるような、そんな気ができるの

完全を見透かされたら
きっと逃げ出してしまう

少女は唱えた らいらいら
誰も知らないはずの魔法
だってたった今作ったんだもの
この反射から身をよじって
ドロウ

焼けた影を踏んで歩くつま先の水色
どんなに言葉を震わせたとしてカナリアにはなれず

約束の楽譜に散らす
知ったかぶりの音色で

少女は歌った 声もなく
意味なんてない箱の魔法
だってそれは今作ったんだもの
あの視線からも抜け出して
消える

襤褸の下に隠した
他愛のないわたしを暴かないで

少女は願った 灰を飲み
君だけが聞き取れる魔法
わたしの中のカミサマが泣き出す
その前に助け出して
少女は歌った らいらいら
誰も知らない偽の魔法
だって意味なんてなかったんだもの
その反射から身をよじって
ドロウ

歌詞ばかりふらふらと来ては書いています。
ブクマ、コメントその他色々ありがとうございます!勝手に糧にしています。嬉しい。

詞については、まだ曲がついていないものはどれでも常に曲歓迎です。短いものやあまりきちんとした形式で作っていないものも多いですが、気に入ってくださった方にもらってほしいので、ほとんどの作品でボカロやUTAUの指定はしていません。

詞の依頼も、もしいただければ出来る限り頑張ります。曲先、イメージやモチーフをいただいての詞先、どちらでも大丈夫です。作風については投稿済みのものを、色々見て知ってやってください。

えーと……よろしくお願いします!

ツイッター(http://twtr.jp/user/suilen02)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP