UV-WARS・ヨワ編#026「実技試験その2~課題の出題~」

投稿日:2018/05/21 19:43:23 | 文字数:4,018文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

構想だけは壮大な小説(もどき)の投稿を開始しました。
 シリーズ名を『UV-WARS』と言います。
 これは、「紫苑ヨワ」の物語。

 他に、「初音ミク」「重音テト」「歌幡メイジ」の物語があります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

UVーWARS
第三部「紫苑ヨワ編」
第一章「ヨワ、アイドルになる決意をする」

 その26「実技試験その2~出題~」

 メモを持ったマコさんが、そのメモをモモさんに渡した。
 モモさんは素早く目を通して、マコさんに何か耳打ちした。
 頷いたマコさんは素早く席に戻って、隣のルナさんに素早く耳打ちした。
「All right.」
 ルナさんはハッキリと言った。
 そして、ルナさんは上着を脱いで、レオタード姿になった。隣のマコさんも上着を脱いだ。
 わたしは思わず腰を浮かせた。
「紫苑さん、もう少し待っててください」
 モモさんに優しく諭された。
 マコさんとルナさんは机を全て部屋の隅に移動させた。
 わたしはポツンと部屋の真ん中に取り残された格好だ。
「紫苑さん、お待たせしました。椅子を持って壁まで移動して下さい」
 わたしは背筋を伸ばして、椅子を運んだ。
「椅子に座ってください」
 素直に座った。
 わたしと入れ替わるように、マコさん、ルナさんが部屋の真ん中に進んできた。
「それでは、課題部分の説明をします」
 モモさんがわたしの前に立った。
「これから、課題曲を流します」
 いつの間にか、手に持ったリモコンのボタンを、モモさんは押した。
 軽快な管楽器が歌うように鳴り響いた。
〔聞いたこと、ある〕
「曲名は、『気まぐれメルシー』です。聞いたこと、ありますか?」
「はい」
 ネルちゃんと練習した曲だ。
「何回ぐらい、聞きました?」
「週に5回は聞いてました」
 というよりは、踊ってました。
「では、今から、二人が曲に合わせて踊ります。よく見て、あなたは二人の邪魔にならないように踊ってください」
 言われた瞬間、頭が真っ白になった。
〔一人じゃないの? 一緒に、って、いきなりは、無理でしょう!〕
「この課題は減点方式です。持ち点百点に対して、壁や備品、ここにいる誰かに触れる度、一点が減点されます。あと、踊りの出来映えを百点を上限に加点します」
〔ネルちゃん、聞いてないよう!〕
「では、早速、踊りを見てもらいましょう」
 モモさんは、軽くパニクってるわたしを置き去りに話を進めた。
〔ちょっと、待って!〕
「ちょっと、待ってください!」
 心の叫びと実際の声が重なった感じだった。
 モモさんは笑顔で応えた。
「何か、ご質問でしょうか?」
 ヤバい。とにかく、気持ちを落ち着けなきゃ。
 同時に少し悪寒がした。モモさんの優しい笑顔に騙されるところだったのかも。任務遂行に情を一切挟まない人、あるいはとにかく止まらない人、それが桃音モモさんなんだ。
 とにかく、時間を稼がなきゃ。
「え~と、踊りは何回まで見られますか?」
「3回までです」
 素っ気ない。笑顔はそのままなのに。
「見た後に、床になにかを書くのは、有り、ですか?」
「いいえ。見るだけです」
 時間が欲しい。こんな課題は、初めてだ。テトさんと初めてステージで踊った時だって、何度もDVDを見たし、何よりも、ネルちゃんがいた。
「見た後、考える時間はどのくらいありますか? 」
「10分です」
「その間、曲だけ聞き直すのは、できますか?」
「できます。制限時間内であれば、大丈夫です」
 どうすれば、この課題をクリアできるの。
 時間がないよう。
 もう、破れかぶれだ。
「踊りと踊りの間に、質問することはできますか?」
「いいえ、踊りが3回終わって、10分が経過しましたら、紫苑さんにも踊ってもらいます」
「その、10分の間、練習してもいいですか?」
「大丈夫です」
 そう言って、モモさんはCDプレイヤーに手を置いた。
 マコさんもルナさんも立ち位置を決めていた。
〔うわあ、始まっちゃう〕
「え~と、まだ、質問が・・・」
 と言っても、頭の中は真っ白で何も浮かばない。
 口籠っていると、笑顔のモモさんがスパッとひと言。
「無いのでしたら、後もつかえていることですし、始めますよ」
 ああそうだ。外では、ユアさんとエリーさんが待っているんだ。
 二人と約束したんだ、三人で合格しようと。
 だから、これから起こることは二人に正確に伝えないといけない。
 そして、親友がこれまで教えてくれたことを無駄にするわけにはいかない。
 ネルちゃんの顔が浮かんで、やっとスイッチが入った気がした。
「はい」
 わたしは目の前の踊りに集中した。
「では、一回目、スタートします」
 モモさんの合図で音楽が鳴り出した。
 それに合わせて踊る二人の動きは、鬼のように、速かった。
 2倍速のビデオを見ているようだった。
 それでいて、華麗で、時に力強く、優しく、メリハリのある素敵なダンスだった。
 マコさんは一瞬のストップモーションが美しく、キレがあるというよりは鮮やかに心に刻まれる感じだった。
 反対に、ルナさんは止まらない踊りで、飛び跳ねるというよりは、ジャンプ力が凄かった。滞空時間が長かったり、高さがあって一度天井に手を着いたことがあった。天井まで四メートルくらいありそうなんだけど。
 そして、一回目が終わった時、わたしは絶句した。
〔フロアが全部、塗り潰されてる!〕
 二人のダンスの足さばきを中心に見ていたわたしは、どこか二人が通らない箇所があるんじゃないかと想像していた。
 しかし、試験は甘くなかった。どこにいても二人を避けて踊らないといけないのは確定だ。
 二人のどちらかに合わせて動いたらいいのだろうか。マコさんの速い動きに付いていけるとは思えないし、ルナさんのジャンプ力は半端ないし。
 どっちも現実的じゃない。
 次はわたしが実際に踊ったらどうなるか、だ。
「それでは、二回目を始めます」
 モモさんの優しい笑顔が向けられた。
「よろしいですか?」
 わたしはただ頷いただけで、「はい、お願いします」くらい言えば良かったと後悔した。
「よろしいですか?」
 ルナさんとマコさんには、キリッと凛々しい顔が向けられた。
 二人は返事をせず、首肯くだけだった。マコさんだけ、大きく深呼吸した。
「では、いきます」
 再び、聞き慣れた音楽が鳴り出した。
〔もしも、わたしがいつものように踊っていたら、…〕
 わたしは頭の中でバーチャルな自分を作り出し、二人のダンスに重ねてみた。
 出鼻を挫くように、ルナさんの右手が、わたしの頭の辺りを通り過ぎた。
 続いてマコさんの身体が、わたしのいる位置をかき回すように通り過ぎた。
 わたしは頭の中で仮想の自分を音楽に合わせて踊らせた。二人に何回接触するか、どこがどこと接触するか、慎重に見極めようと思った。
 結果、十五回か、十六回、二人と接触しそうだと思った。これを修正しなければ、減点は確実、ひょっとしなくても、不合格になるかも。
「それでは、三回目を始めます」
 またしてもモモさんの優しい笑顔が向けられた。
「よろしいですか?」
「はい、お願いします」
 今度は言えた。
 モモさんは目線だけで二人に合図した。
 マコさんとルナさんは頷いた。そして、スタート地点に立った。
「いきます」
 再び音楽が鳴り出した。
 二人の踊りにバーチャルな自分の踊りをもう一度重ねてみる。
 少し、踊りを変えて、二人との接触を避けてみた。
〔一メートル後ろに跳んで、すぐに一メートル右に跳ぶ。それだけでぶつかる回数は四回減る〕
 でも、それだけだ。
〔歌がサビに入ってすぐに左斜め四十五度に一メートル半移動する。さらに四回減る〕
 まだ足りない。間奏のあと、Aメロが始まった。
 ここで、マコさんとルナさんは、動きを左右対称に入れ替える。フロアを全て塗り潰すために。
〔だから、AメロからBメロに移る瞬間に右に二メートル動いて、転調するタイミングで左後ろに一メートル半跳ぶと、接触せずに済む、かなあ?〕
 曲が終わった。
 厳かに、モモさんの声が響いた。
「これより十分間のインターバルを挟み、十分後に実技試験を開始します」
 わたしは手を上げた。
「音楽の再生を希望します!」
「認めます」
「練習もします!」
 モモさんは笑って頷いた。
 早速、羽織っていたウィンドブレーカーを脱ぎ、予定の位置に立ってみた。右前方にルナさん、左前方にマコさんが立つことになる。
「音楽、お願いします!」
「いきます」
 モモさんがスイッチを押して、音楽が鳴り出した。
 前奏では、大きな動きはない。リズムを取りながら、ステップを踏む。
 ボーカルが始まると同時に後ろにジャンプし、すぐに右にジャンプした。
 タイミングは合っているだろうけど、若干不安になった。
 そのときはわたしは二人に挟まれているはずだ。
 右にルナさん、左はマコさん。
 ルナさんは上から降りて来る感じだから問題はないと思う。
 マコさんは左から右にスライドしてくる。気をつけないと触るかもしれない。
 次に、サビに入ってすぐに左斜め四十五度に一メートル半移動、と思ったけど、移動中に二人の動線を横切っていることに気付いた。
 マコさんが来るより早く、ルナさんはやり過ごして、移動しないといけない。厳しいなあ。
 後、右二メートルと左後ろに一メートル半は、普通に移動していたら、間違いなく接触する。これはどう避ける?
 時間がない。考えが纏まらない。こんなに焦るのは久しぶりだ。
 もう一度だけ、考え直そう。
 音楽が止まった。
 わたしはその場に立ち尽くした。
〔動きが直線的だから、接触する可能性が高いんだ。もっと滑らかにカーブを描くように・・・〕
 わたしはさっきの場所に戻って、移動の手順を考えた。
〔ここは直線的な動きより、S字カーブ、じゃなくて、逆S字カーブで、できる、かな?〕
 やってみる。
「もう一度、音楽をお願いします」

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP