ひなげし【曲募集】

投稿日:2017/07/07 16:53:25 | 文字数:474文字 | 閲覧数:151 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

-疲れてすり減る心を横たえ、僕は夏に眠る-

もう7月なので少し早いですが夏ソングを書きました。
深めのテーマです。白いひなげしの花言葉は「眠り」「忘却」。
それに合わせて書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
ひぐらしが夏の夜を告げる
燃えた太陽は色だけを残す
閉じていた窓を開け放つと
ぬるい夏風とひなげしの香り

【Bメロ】
口に含んだ気持ちを飲み込んで
僕らはきっと上手く生きている
それは毒みたく胸を蝕んで
それでもきっと必要なことで

【サビ】
少し疲れたから眠ろうか
雑多な喧騒から離れる
泡沫のしなびた夕暮れに
白いひなげしが咲いている
ぼんやり庭を眺めながら
染まってく夏の色に

【Aメロ2】
蝉の声 遠く遠く聞こえ
碧い夕闇は紅を隠してく
開けている窓を通り抜ける
白い満月とひなげしの香り

【Bメロ2】
胸に潜めた感情抑え込み
僕らはずっと笑い生きている
まるでモヤみたく心覆い尽くす
それでもそれが正しいことで

【サビ2】
黄昏感じては眠るんだ
素直な心持ちを思い出す
浮かんでく湿った夕闇に
白いひなげしが揺れている
こうして時に流されては
染まってく夏の色に

【ラストサビ】
夏風に包まれ眠ろうか
僕らは充分に疲れたろう
一閃に燃えてる紅に
白いひなげしが照らされる
そうして今日も溺れながら
染まってく夏の色に

Baron(バロン)と申します。
日々の生活で感じた事、触れたことを
詞にするのが好きです。

ゆっくりのんびり活動していきますので、
作品を見て頂けたら嬉しいです。
感想・要望なども気軽にお寄せください。
よろしくお願いいたします♪

曲募集中の詞は作曲者様募集中です。
命を吹き込んでやってください(笑)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP