【中世風小説】Papillon 13

投稿日:2010/02/12 15:32:08 | 文字数:2,702文字 | 閲覧数:187 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ここまで来れば、連載開始前にアップした詞の意味も分かるかなぁ、と。
次が後日談(というか未来のお話。むしろ今回の連載が過去のお話)で、一段落です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 ねぇ。君が悲しんでくれるなら、俺は死んだっていいと思っていたよ。
 そんな勇気なかったけれど、でも、君の涙は俺の悲しみで、幸せだった。

 君がいない場所で、君に知られずに死んでいくのが怖かった。それだけは耐えられないと思った。
 でも、そうなってしまうんだね。

 運命が憎いよ。
 でも、本当に憎いのは自分だよ。
 君が俺を愛してくれたとしても、俺は。

『……じゃあ、僕の父親は誰なんですか?』

 当然の疑問に、笑顔を浮かべるだけで、答えなかったお母様。

 お母様が死んだ時、あまりにも呆気なくて、俺は泣くことも出来なかった。
 双子を生むのは負担が大きすぎたのだと、誰かが俺を責めるように言っていた。

 でもきっと、お母様が死んだ本当の原因は、お父様を裏切って、他の男との間に子どもをつくってしまったこと。
 俺たちがひとつで生まれてきても、ふたつに分かれてしまっても、そんなの関係のないことだった。そう、言ってしまいたかった。俺たちがそれぞれ分かれて生まれてきたことだけは、否定されたくなかった。

 でも俺は、自分たちの父親のことを、リンにだけは聞かせたくなくて。
 泣きじゃくるリンを抱きしめて、彼女の耳も目もふさいでしまった。
 俺が守るから、残酷な現実は全部見なくていい。そんな勝手なことを、彼女に言い続けた。それがどんなに難しいのか、時間が経つごとに、嫌というほど思い知った。

『たとえ僕が王子でなくても、お姉さまたちと血がつながっていなくても、僕は大丈夫です』

 冷たい母の手をとって、誰にも聞こえぬように呟いた言葉。

『僕にはリンがいるから。リンのことは僕が守るから。貴女の罪を、僕はリンにも隠し続けるから。だから……安心してください』

 すみません、お母様。
 俺はもう、あの時の貴女との約束さえ、なにひとつ守れそうにありません。

『強くなります。たとえいつか全てが明らかになって、僕たちがここにいられなくなっても、リンを守れるように。王子でも王女でもなくなっても、帰る家がなくなっても、二人で生きていけるように』

 いつか、すべての罪が暴かれて、この温かな場所が凍りついてしまったとしても、リンの手だけは離さないから。すべてを失っても、リンだけは家族だから。たった一人の家族だから。
 強くなって、彼女を守りながら、一緒に生きていく。
 そう誓った。
 たとえどれだけの罪を背負っていても、彼女を守れるくらい強くなったら、彼女の手を離さずにいてもいいと思えた。
 強くなれたなら。

 右手が動かなくなったときに、もう俺ではリンを守れないと分かった。その時点で、もう未来はなかったんだ。
 分かっていたのに。

 夏の日差し。
 さっきまで、俺はリンと一緒にここにいて、リンは俺のために笑って泣いてくれた。まだあれから、太陽の位置すら変わっていないのに。
 世界は、こんなに早く変わってしまうものだったっけ? それとも、最初から全部壊れていた?

「リン……」

 光の中を駆けていく、小さな背中。手を伸ばしかけて、立ち止まる。

『レン』

 幻が、俺の名を呼ぶ。華やかな笑顔。俺が涙で塗りつぶしてしまった、愛おしい表情。たった一人の姉。
 どんなに離れたとしても、俺たちだけは、永遠に姉弟だ。でも、それが一番つらい。

『レン』

「レン!」

 ふと、幻とはまったく違う、悲痛な声が響いた。
 俺はびくりと肩を震わせ、振り返りそうになる。振り返って、抱きしめたい。
 でも、それは出来ない。ここでそれをやってしまったら、何の意味もない。
 メイコ姉が稼いでくれた時間も、ルカ姉が許してくれた時間も、何もかも無駄にするだけ。

「レン、待ってよ、レン!」

 声に突き動かされるように、止まっていた足が動き出す。
 走らなければ追い付かれてしまうのに、早足になっただけで脈打つ痛みに泣きそうになった。

「レン!」

 たとえ泣いていても怒っていても、傍にいてほしかった。どんなに罵られようとも、どんなに彼女がつらい思いをしようとも、彼女の傍で死ねたならどんなによかったか。
 彼女の知らない場所で死んでいくくらいなら、命が縮まるくらいどうでもよかったのに。

 本当は、メイコ姉の死すら無駄にしても、彼女のそばにいたい。ルカ姉に請うたことが無駄になっても、連れ去ってしまいたい。
 でも、これ以上後悔を重ねたくもない。

「う……」

 腰にさした剣を持ち上げる。歩くだけで、その重みにわき腹が抉られるようだ。このまま倒れてしまえばどんなに楽か。でも、それでは意味がない。
 滲んだ涙を振り払い、倒れそうになる身体を無理やり前へ進める。

「レン! あ……っ!」

 どさりと、何かが倒れるような音。転んだのかな。まったく、昔から運動音痴なんだから。
 ……昔っから。

「レン!」

 彼女の声が、泣いて震えていた。表情は、振り返らなくても分かる。それだけ心がつながっていても、一緒にいられない。

「レンの馬鹿! なんでよ、なんで……っ!」

 大声で泣き叫ぶ彼女が、こんなにも愛おしいのに。俺はそんな風に泣くことも出来ずに、彼女を見て眩しさに目を細めるばかり。そして、それすら出来なくなってしまう。
 寂しいよ、つらいよ、悲しいよ、それはきっと君と同じだよ。……同じなのに、なんでだろうね。

 分からないよ。分からない。
 でも、これしかないんだ。

 お願い。
 こんな俺を、許して。

-----

 あなたはもう、忘れてしまったでしょうか。二人でなら、何もこわくなかった頃のことを。

 光の中を駆け抜けて、笑いあって、手をつないで……永遠を信じていました。馬鹿みたいに、何も疑わずにいました。
 あれを罪だというのなら、幸せとは何なのでしょうか。

 あたしは今もここにいます。あなたは、どこにいますか? この世界のどこかに、まだいますか? それとも、もうどこにもいないのでしょうか。
 もう、決してあたしたちの道は交わらないのでしょうか。それとも、次に会った時には、あたしがあなたの道を壊してしまうのでしょうか。

 どれだけ考えても、何も分かりません。何も分からないけれど……今もまだ、私はあなたを覚えています。あなたのすべてを、忘れられずにいます。
 失った腕輪の代わりに、手首に刻まれた傷が、あなたの動かない手を思い出させます。

 ねぇ。
 想っていれば叶うなんて、諦めずにいれば大丈夫だなんて、一体誰が言ったんでしょうね。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP