【時間泥棒】しあわせのうた

投稿日:2016/12/09 00:35:05 | 文字数:259文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

物語の終わりに、女時計工に作られた絡繰り時計の少女が歌う歌。
長い永い時の果て、いつか誰かにあの人に。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

昔口ずさんだ歌が歌えない 大切な本が棚から盗まれる
君名無しの少年 顔も名前も知らない
君と出会う時まで 私は歌う


名も無いヒロイン 名も無い喜劇(Comedy)
名も無い悲劇(Tragedy) 記憶の彼方
名も無い歌姫 名も無い初恋
名も無い絵本の 名も無い貴方


誰かが貴方に言いたかった言葉
いつしか私の歌う意味になる
大好きとありがとう ありがとう愛してた
貴方が見つけてくれた私のこと


悲しい時も歌は貴方に寄り添い
いつものように長い夜を忘れる
暗闇に光をそっと灯すような
幸せだけ預けた 灯火の歌

本業趣味の小説の掘り下げで物語っぽい曲作り。

ボカロさんには演劇とかミュージカルのノリで歌って貰ってます。歌って踊れる演劇ロイドを目指して、たまに女装とか男装とかさせてます。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP