猫の涙

投稿日:2011/07/27 16:19:14 | 文字数:373文字 | 閲覧数:28 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

バラードっぽくしようと思って書きました…アレ?w

文字数少なくしようと思ったら多くなった…!!

何故だ…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

言えない痛みも
言える痛みも
僕が解きほぐせたらいいのに

堪える痛みも
答える言葉も
君に幸があればいいのに

「守るよ」
君が安心するにはあと何回言えば良い?

人を蔑み、嫌う姿は、悲しいかな、まるで猫
そうやって君は傷を癒えないようにされていくんだろう
ヒラリと体を翻せば
僕は君が心配になる


初めての人になれたって
最大の人になれたって
僕と君は何も変わらない

変わらないんだ

悲しいほどに


人を哀れみ、嗤う君は、可哀想な、猫のようで
そうやって君は僕でさえも嫌うようになるのだろうか
ヒラリと体を翻し
君は奈落へと落ちていくのか

ねえ、待ってよ

僕を蔑み、僕を嫌って、そうだ言い忘れてた
僕が本当に思ったことは、君が寂しくないかどうか
僕が傍にいても無意味なら
僕は君の不安になる


だから、いつかは、嫌って下さい。

生ぬるい歌詞書きです。

絵師様の作品を基にさせてもらっている時もあります。
すいません;;

何故かあるブログhttp://awamo.blog62.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP