【未来は君と共に】~落選作詞~

投稿日:2014/05/06 14:50:38 | 文字数:1,517文字 | 閲覧数:90 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Drogbaさんの歌詞募集に
応募させて頂きました。
http://piapro.jp/t/u3y9

透き通るような心地よい疾走感あふれるメロディに
合うような詞を心がけました。

聞いた人が元気に・明るくなれるような詞に
なっていれば幸いです。

文字数の聞き取りについては、
自信がないところが多々あるので、
指摘があり次第、随時修正していきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(1A)
日差しが眩しくて
少し目を細めたら
目の前に君の
姿が見えた

遅刻の言い訳を
焦ってしてる君が
ただ愛し過ぎて もう
笑顔になった

(1B)
描く私の未来
いつだって君が
そばにいる

ドラマチックな夢を
鮮やかな物語を
これから
紡いでいくの

(1S)
繋いだこの手を離さないで
きつくきつく握っていて
もうこのまま2人だけ
まだ見ぬ明日を探そうか

夜明けが来るのを待ちうけて
朝日を迎えに行こうよ
Lovin' You Ah
止められない

(2A)
2人で一緒に
いれるなら場所なんて
どこだっていいの
大事なことは

何気ない日常を
積み重ねていくこと
それだけできっと もう
宝物だよ

(2B)
祈る私の未来
いつだって君と
共にある

ファンタジックな夢を
煌めいた物語を
これから
描いていくの

(2S)
見つめた瞳を逸らさないで
私の全てを見ていて
もうこのまま永遠に
優しさに包まれてたい

夜明けの空気を吸い込んで
朝日に向かい叫ぶんだ
Lovin' You Ah
気持ち抑え
られない

(C)
君との出会いこそ
眩い奇跡だった

(3S)
眠りにつくその瞬間まで
最後の一秒までずっと
吐息を感じるほどに
近くにいて


溢れた想いを零さないで
全てを受け止めて欲しい
もうこのまま永遠を
神様に誓えるくらい

君のことが大好きだから
他には何にもいらない
ずっとただ
寄り添い


春は芽吹く花を集めて
夏は息吹く風に吹かれて
移り変わる四季を
心に刻んで、また

秋は染まる山を眺めて
冬は積もる雪を踏みしめ
巡り変わる四季を
2人で歩いて行こう


~かな詞~


(1A)
ひざしがまぶしくて
すこしめをほそめたら
めのまえにきみの
すがたがみえた

ちこくのいいわけを
あせってしてるきみが
ただいとしすぎて もう
えがおになった

(1B)
えがくわたしのみらい
いつだってきみが
そばにいる

どらまちっくなゆめを
あざやかなものがたりを
これから
つむいでいくの

(1S)
つないだこのてをはなさないで
きつくきつくにぎっていて
もうこのままふたりだけ
まだみぬあすをさがそうか

よあけがくるのをまちうけて
あさひをむかえにいこうよ
らーヴぃん ゆー あぁ
とめられない

(2A)
ふたりでいっしょに
いれるならばしょなんて
どこだっていいの
だいじなことは

なにげないにちじょうを
つみかさねていくこと
それだけできっと もう
たからものだよ

(2B)
いのるわたしのみらい
いつだってきみと
ともにある

ふぁんたじっくなゆめを
きらめいたものがたりを
これから
えがいていくの

(2S)
みつめたひとみをそらさないで
わたしのすべてをみていて
もうこのままえいえんに
やさしさにつつまれてたい

よあけのくうきをすいこんで
あさひにむかいさけぶんだ
らーヴぃん ゆー あぁ
きもちおさえ
られない

(C)
きみとのであいこそ
まばゆいきせきだった

(3S)
ねむりにつくそのしゅんかんまで
さいごのいちびょうまでずっと
といきをかんじるほどに
ちかくにいて


あふれたおもいをこぼさないで
すべてをうけとめてほしい
もうこのままえいえんを
かみさまにちかえるくらい

きみのことがだいすきだから
ほかにはなんにもいらない
ずっとただ
よりそい


はるはめぶくはなをあつめて
なつはいぶくかぜにふかれて
うつりかわるしきを
こころにきざんで、また

あきはそまるやまをながめて
ふゆはつもるゆきをふみしめ
めぐりかわるしきを
ふたりであるいていこう

V4mikiの公式デモソングの作詞をさせて頂きました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26358467

作詞依頼いつでも受付中!
何かあればGmailまで連絡ください!


ボカロ・歌ってみたが大好きです!
素敵な歌声をお持ちの歌い手さんたち、
素敵な楽曲を製作されるボカロPさんたち、
とても尊敬しております。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP