空の窓から

投稿日:2020/03/21 01:12:28 | 文字数:362文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:その他

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空の窓から



自分も人もみんな、豆つぶより米つぶより
肉眼で見える小っちゃな虫よりも小さくて

小さくてすごく小さくて

そしてとっても大きすぎる

泣きたくなるくらい
痛くて辛くて淋しくて

びっくりするくらい大きな存在だ

ちっぽけなからだに数えきれない大きすぎる夢と
目がくらくらして倒れそうになるくらいの出来事と
少し笑ってもらえたら崩れちゃうくらいの脆さで立っている

歩いているのか立っているのか泳いでいるのか

浮いている気もするし
もしかしたら溺れているのかもしれない

でもやめちゃいけない

やめちゃったらもう戻ってこれないようなところまで行ってしまうから

もう笑えないし泣けないし歩けないし
抱きしめられなくなっちゃうから

やめないで

恥ずかしいくらいかっこ悪くてもいいから

絶対やめないで

自分で呆れる秋の空メンタルです

そのときそのとき出てきたものを描いたり綴ります

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP