Morning sun

投稿日:2010/12/06 15:07:35 | 文字数:543文字 | 閲覧数:197 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


午前 6時 に 目を覚ました
僕は 一歩 を 踏み出そうと

ずっと  続く 空を見上げた
僕は 一人 で 逃げ出したんだ
ずっと  続く 苦しみに
さよなら告げて


わかってたんだ
いつかはこうなるって。
なのに期待した
僕は歩き出した
その太陽に向かって


僕らいつだって 一緒だった
だけどいつだって
同じって訳には
いかないんだよね
知ってるさ


午前 6時 の とある朝に
僕は 一歩 を 踏み出そうと

ずっと  続く 空を見上げた
僕は その手を 光に伸ばす
ずっと  続く 地平線に
ありがと告げて


わかってたんだ
いつかはそう言うって。
なのに期待した
僕は歩き出した
その太陽に向かって


僕らどこだって 一緒だった
だけどどこだって
同じって訳には
いかないんだよね
知ってたさ


もう寂しくなんてないよ
そんな嘘ついて
君は笑う
もう泣いたりなんてしないよ
そんなもんなのかな
僕らは背を向けた


わかってたんだ
いつかはこうなるって。
なのに期待した
僕は歩き出した
その太陽に向かって


僕らいつだって 一緒だった
だけどいつだって
同じって訳には
いかないんだよね
知ってるよ

これからはずっと
同じって訳には
いかないんだよね


――僕が何者なのか。その答えは きっと誰も知らない。――


世界は美しくて、残酷で、何もない場所。


誰か息の仕方を教えて。


滅 多 に 来 れ ま せ ん 。

素敵なアイコンはonokkoさんの作品です。(・・*)




もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP