石の思い、花の声

投稿日:2009/01/11 02:18:58 | 文字数:599文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 引っ込み思案な人への応援歌です。

 私はコミュニケーションがうまくなくて(というかめんどくさがり(^^;))、「どうせいいよもう」と一人で勝手に引きこもりがちになることが多いです。
 そういうのって嫌だなあ、と自分でも思うので、「コミュニケーション大事にしようよ!」ということをテーマにしてみました。


 改変不可としていますが、ご連絡いただければ検討します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

聞いて 道端の石の思い
届け 壁の花の声



転がるのさえ 人まかせで
踏まれて蹴られて 気づかれず
何か感じても 伝えられない
道端の石のような私

こんな自分にどうせ意味はないと
ざわめく街の隅で いじけそうになるけど

止められはしない あふれて 羽ばたく思い
不器用な私だけれど
いびつだって 欠片だって 格好悪くたって
ゆずれない この胸に湧くなにもかも



飾り立てても たかがしれて
主役になれずに 立ち尽くす
振り絞る声も しおれて消える
壁に咲く花のような私

こんな小声じゃどうせ届かないと
混みあうホールの隅で 諦めかけるけど

それでも歌う 奏でる 勇気を出して
臆病な私だけれど
叱ってもいい 嫌ってもいい 嘲笑ってもいい
振り向いて あなたの気持ち聞かせてよ



道端の石 壁の花
誰にも顧みられることがない
それでも歌い続けたら
いつか きっと

見つめる目 交わしあう声に
小さな石は光にきらめき
触れ合う手 寄り添う心に
しぼんだ花は瑞々しく咲き返る



今日も綴る 言葉を メロディに乗せて
不器用な私だけれど
踏まれても 転んでも 立ち尽くしても 
ありのまま 素直に 思いを放つよ

今日も歌う 奏でる 心を込めて
臆病な私だけれど
いじけずに 諦めずに ただひたすらに
響かせる 私の声をこの場所で



聞いて 道端の石の思い
届け 壁の花の声

作品はカバー曲が多めです。
オリジナル曲もまったり作っています。
最近は作詞も多め。ただし超絶スローペース。

にゃっぽんに入り浸っています。id=3843

ニコニコ動画マイリスト:http://www.nicovideo.jp/mylist/7588175
webサイト:http://ayanomemo.web.fc2.com/index.html

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP