【小説】流美涙想2

投稿日:2011/05/20 11:36:12 | 文字数:701文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ミクっ!!!!」



大声で呼ばれた…叫ばれたミク、彼女の白い右腕から赤い鮮血がとめどなく溢れている。
衝撃的な光景にリンとリント、メイコにルカは驚愕の表情を浮かべ、特に幼いリンとリントはあまりの衝撃でだろうか泣いている。
しかし彼は、彼だけは違った。
その瞳にはミクが映っている。しかし、その瞳には何も宿していない。
彼は…カイトはただその光景を眺めているだけだった。



「ミクっ、ミク…うぅ~。」



リンがミクの側に駆け寄り、左腕に腕をからめ泣きながら頬ずりをしている。
リントは、その光景を涙を流しながら見ていたが、ふ、とカイトの方を見て言った。



「あんたが…人形が怪我すればよかったのに!
ナミダ一つ流さない、表情一つ変えないなんて、あんたは人間じゃない。」



カイトは何も返さなかった。
リントはカイトを一睨みし、ミクのもとに走っていった。



”悲しいことだというのは分かる、けど、俺が悲しいのかはわからない。”



彼は、以前自分が言ったことの意味すらもう分からなくなっていた。
なぜ人は涙を流すのか。
涙を流さない自分は人間ではないのか。
人間とは何か、それを知る者はこの世にはいないと知りながら。



カイトはただじっと皆を見ているだけだった。
そして、なんとかけがの応急処置が終わり、ミクが左腕に右手を添えた姿でカイトの方に向かって歩く。



「ごめんね、迷惑かけちゃって。」



「別に…構わない。」



”ありがとう”
その言葉に、彼の表情は全く変わらなかったが…彼の右手がミクの左肩にそっと触れる。
ミクはつらい表情のまま、嬉しそうに笑った。

亜月です。

~アイコンはすめらぎサマに描いていただきました
http://piapro.jp/t/l9It

私は、主に鏡音レン君が歌うのをイメージして歌詞を考えています。
内容は、さわやかの反対な感じが多いです。
そしてなぜか未完(修正中含む)が多いという…

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP