棺桶少女 プロローグ 旅の途で/露店の店主から

投稿日:2015/04/02 00:39:12 | 文字数:774文字 | 閲覧数:141 | カテゴリ:小説

ライセンス:

棺桶を引きずって、幼い少女はどこへ行くのか。
行く先々で出会う人々は少女に何を残すのか。
絵本風味の小説です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 がらがらと車輪を転がし、少女は歩きます。

​ 小さな体の倍はありそうな棺桶を後ろに連れて、木の車輪をがたがたと鳴らしながら、少女は歩きます。

​ くりっとした大きな銀色の瞳を真っ直ぐ前に向け、歩きにくそうなドレスの裾を引きずって、少女は歩きます。

​ 毛先の跳ねた長い金色の髪を揺らし、手にはしっかりと棺桶を引くための紐を握り締め、少女は歩きます。

​ 行く先々の町で、少女は好奇の目に晒されました。

​ しかし、少女はそんなものは気にしません。ただ前を向き、ひたすらに歩きます。​棺桶を後ろに連れて。

​ あるとき、ある街で、少女に声をかける者がいました。

「​やぁ、嬢ちゃん。車輪が付いた棺桶だなんて、面白いもんを持ってるねぇ」

​ 少女は歩くのをやめ、声のした方へ顔を向けました。

「​ちょっと寄っていきなよ。美味しいよ」

​ 露店の主が手招きしています。露店には子供が好きそうなお菓子がたくさん並んでいました。
​ ぱちぱちと瞬きをした少女は、手招かれるままに露店へ近寄っていきました。

「​お嬢ちゃん。何だって、そんな棺桶連れて歩いてるんだい?」

 並べられたお菓子を眺める少女に、店主は尋ねます。
​ 少女はお菓子に目を落として答えました。

「​秘密よ」

​ 店主は笑いました。

「​あっはっは。そうかい。秘密かい。じゃあ、その棺桶には何が入ってるんだい?」

 顔を上げた少女は、店主を見つめて言いました。

「​棺桶に入るのは、ヒトに決まってるじゃない」

​ 店主は笑いました。

「​あっはっは。そりゃそうだ。違いない」

 笑う店主にコインを突き出し、棒付きキャンディを指差して、少女は言います。

「​これを頂戴」
「​あいよ」

​ キャンディで頬を膨らませ、少女はまた歩き出しました。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP