海兎貝

投稿日:2019/07/31 22:11:36 | 文字数:266文字 | 閲覧数:93 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 「海兎貝」

 うさぎがとんだから、帰りましょう。
 青の波に、夕日が沈むから。

 赤い目をして
 泣いてた少女は、
 
 砂のお城で、誰かを待ってる。
 
 「優しい人、いませんか」と、
 貝殻、並べて。

 赤いくつ、はいた
 女の子 みたいに、
 
 そっと、遠くへ、つれさって。

 帰れなくて、いいから。

 青い目したあなたは、
 とても澄んだ目でわたしを見て、

 手をつないで、つれさった。

 かもめが鳴いたから、帰りましょう。

 遠くへ 行こう。
 遠くへ 行こう。

 夏の気まぐれに、
 口をとざして。

 ガーリーで、キュートな作品を目指したいと思います。
よろしくお願いします。

 

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    6号車です。
    「海兎貝」が出来ました。二転三転でしたがよろしくお願いします。

    2019/09/08 15:19:35 From  6号車

  • userIcon

    メッセージのお返し

    6号車様
    超可愛くなってるぅ……うるうる……
    ありがとうございます。

    2019/09/08 16:04:14 pudding_

  • 海兎貝

    by 6号車さん

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP