「DTM!―EP2―」

投稿者: usericon古月さん

投稿日:2012/07/15 21:48:12 | 文字数:1,109文字 | 閲覧数:182 | カテゴリ:小説

ライセンス:

グミはSデレ、がくぽは天然なイメージです。

最初DTなマスターのことを指すのかと思ってました殴ってください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある昼下がり、高級マンションの最上階で、グミはゆっくりお茶を飲んでいた。
近くで眠るがくぽをみてうふふと声をだして笑った。がくぽが眠るのは、もう使わなくなった子供用のプラスティックのお茶碗。周りにナスの模様が入っていて、がくぽはそれをひと目で気に入ったようだった。申し訳程度にティッシュを詰めたそれは、がくぽにとって最高の寝床のようだった。

「新しいモジュール買ってあげたいのになー」

グミは愚痴をこぼした。
何故かがくぽは、新しいモジュールの購入をかたくなに拒んでいた。グミは、メイド服とか、ネコミミとか、ナース服とか、いたって普通(と思っている)のものを進めているのだが「拙者にはまだ早いでござる!」と言い中々首を縦に振らない。

本人が「本当はスーツが欲しい」と思っているのは秘密である。

「がくぽ起きてよー暇だよー。」

つんつんとほっぺをつつき続けるグミ。

「ん…どうしたでござるか…。」

眠そうに目をこすりながら、がくぽは起き上がった。しかし、不安定な形の中にいるため、バランスを崩し机に顔からこけていった。

「うあ、いた、え」

涙をこらえて立ち上がるがくぽを見て、グミはやや興奮していた。

「だいじょーぶ?ほらぁ、お茶あげるから泣かないでぇ。」

わざと間延びした声で話しかけたグミに、がくぽは嬉しそうな顔で「ありがたいでござる!」と返した。
グミは一瞬言葉を詰まらせ、顔が赤くなったのを悟られないように、お茶を入れに行った。

「グミどのー」

キッチンで湯を沸かしていたグミは「なにー?」と大きな声で答えた。

「カイトどのとは、一体どのようなかたにござるか?」

またか、とグミは思った。

「今度会わせてあげるからさー!」

少し語気を強めて返した。萎縮したのか満足したのかよくわからないが、がくぽの声はそれ以上続かなかった。

先週、カイトという男性がミクというボーカロイドを所有していることを、グミはを話した。するとがくぽは非常にその男性が気になったようで、ことあるごとに聞いてくるのだ。

「ふん。」

グミは期待に満ちた目で聞いてくるがくぽを想像し、鼻を鳴らした。そして、そそいだ緑茶(玉露)をがくぽの前に荒っぽい動作で置いた。

「グミどの、怒っているのでござるか…?」

伺うように上目遣いでがくぽはグミを見つめた。

「別に怒ってないわよ。それよりさ、あんたのマスターはだれ?」

「グミどのにござる!」

「そう、じゃあがくぽは私のものよね?」

がくぽは少し考えて、

「じゃあグミどのは拙者のものでござるか?」

と聞いた。

グミはひどく赤面した。

続く

管理人の、【かんぴょ】と申します。
創作やいろんな話ができたら楽しいですね。メンバーも募集中です。


★コラボ唯一の参加条件は「自己紹介」。必ずお願いしております。

★創作作品の投稿は、皆様のピアプロのページ・他の投稿サイト・当コラボでもOKです。
特に感想が欲しい作品があれば、掲示板『とりあえず~』『感想の間・凛』に申し出てください。

★メンバーの作品の感想を書いて下さる場合は、『感想の間・凛』のみを、お使い願います。
こちらは、相手の作品には敬意をもって接していただければありがたいです。
基本的には「ほめてのばす」方向で。
私も厳しい意見を言われると・・・泣いちゃいます(T3T)
手厳しい意見があれば作者に一度、掲示板等でかまいませんので「この部分に指摘があるのですが」等、コンタクトとってください。

★現在メンバーで行っている企画ですが、毎週、『お題』を決めて、おススメのボカロ曲を一人に一曲、掲示板で提案し話し合っております。もちろん、強制ではありませんので、参加できそうな時は是非とも書き込みお願いします。


★主な募集メンバー
【小説書き手】
【小説読み手】*小説の感想など頂きたいです。
【絵本とかの作り手】*ポエムもイイですね!
【イラスト】*何かと頼もしい!
【その他】*何か特技があれば…
コラボ参加の条件・・・掲示板内で自己紹介をして頂きます。
それだけです。

一応、コラボの趣旨としては

・小説を書こう!
・ちやほや、しよう!
・ダメ出し、しよう!
・なんか、応援しよう!

だったりです。

ですので

これから書いてみたい!とか
イラスト書いてみたい!とか
読んで、冷やかしてみたい!など

そういうノリで、メンバーも募集します。

上手い下手は置いといて
長く楽しめたら良いなと考えております。

『うっかり長編を書いてしまった!けど、どこにもアップして無い』とか
『短編かいてみた!』とか
『童話とか、絵本っぽいのが書きたい』
『イラストを描いて見たい』
と、いう方も仲間になってくれたら嬉しいです。

★コラボ内リレー小説はじめました!

【DTM!シリーズ】 ウィキペディア
http://piapro.jp/t/Aj6Y
DTM! -EP 0-
http://piapro.jp/t/TMfS
DTM! -EP 1-
http://piapro.jp/t/pP7K
DTM! -EP 2-
http://piapro.jp/t/u8Qj
DTM! -EP 3-
https://piapro.jp/t/1br2
DTM! -EP 4-
 http://piapro.jp/t/XuSF
DTM! -EP 5-
 http://piapro.jp/t/9aCU
DTM! -EP 6-
 http://piapro.jp/t/dBqO 【前編】
 http://piapro.jp/t/lOWl 【後編】 
DTM! -EP 7-
 http://piapro.jp/t/D4Hs
DTM! -EP 8-
 http://piapro.jp/t/OWcg
DTM! -EP 9-
 http://piapro.jp/t/rtW1
DTM! -番外編1-
 http://piapro.jp/t/Cc1v

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    読ませていただきました。

    ぐみちゃんのSがかわいい*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

    私に代わって作品を書いてくださり、どうもありがとうございました。

    こんな私ですがこれからもどうぞよろしくお願いいたします!

    2012/08/03 16:23:20 From  つね。#じゃすてぃす

▲TOP