天井盤鉄道

投稿日:2016/06/04 19:49:41 | 文字数:378文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

RanaMVオリジナル曲の歌詞。
http://piapro.jp/t/n7tZ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暗がりに渡された枕木
錆びた鉄が横切る
それは人知れず眠る
常夜の鉄道

通電する駅舎
鳴り響く電鈴
車輪が少しづつ動きだす
発車時刻は今だと

暗闇に浮かぶか細い明かりが導く
行き先の知れない旅路を
それでも僕らは止まらない
そこに未知が待つというなら


路線図に描かれぬメトロライン
大地の底を駆け抜ける
窓に映るトロイメライ
記憶のニライカナイ

口を開く空隙
手繰るパンタグラフ
ガタつく列車は目指す
限りない深淵を

流れ落ちる地底河川飛沫を上げては流れて
色を飲み込む底なしへ注ぐ
竪穴の滝の向こうに見える
線路はまだまだ終わらない


薄暗がりの客車に響く
間もなく終点となります
車掌のいない無人の電車は
再び電鈴を鳴らす

火花を上げ踏み止まる古惚けた列車
終着点は嘆きの川よりも深く
天井盤が囲う未知の世界は
今だ闇のベールに包まれて

ひっそりと暗めの曲を書いております、お見苦しい代物も多いとは思いますがご容赦を。
……そろそろ整理しないと…w
また、写真素材の提供を行っております。
加工は自由なのでお気軽にご利用ください。
Twitter:@natsukazeholon
Vocalodon:@ItsukaP
HP:http://natsukazeholon25.wix.com/cometdiver

ニコニコ投下物一覧。
http://www.nicovideo.jp/mylist/25038231

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 天井盤鉄道

    by holonさん

オススメ作品10/15

もっと見る

▲TOP