WINDー旅人ー

投稿日:2016/09/25 08:07:46 | 文字数:924文字 | 閲覧数:315 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

「宵闇に 紛れて巡る 魂の さもしき旅路 ゆめゆめ語らん」
いえ、語っとる…

豆千代さんのWINDに書きました。採用ありがとうございます!

9.25修正
やっぱりいくつか掛詞があります。自由に読んで頂ければと思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
漂う薄靄 月の羽突き刺さる
心はあやしく いざよう獣道

B1
ざわめく森のものの怪  
遠くで猩々の宴が
聞こえる万葉の調べ
いま蘇る疼き 古の

S1
待たれよ 運命に 呪われし命
一夜の 縁に 教えてしんぜよう
その身が 篝に あかされぬ間に
行かれよ 果てまで 風吹く方へ

SS1
腰のしるし 手をあて
胸の端音 さざめく

***

A2
幾千 幾月 幾山 越えて来た
歪んだ 憂世に 一筋 夜見の跡

B2
いずこか この身のやわらぎ
人世に隠れず 眠れん
寄せては返す 波音
ふと現れる 朧 砂の道

S2
待たれよ これより 神の社ぞ
散りゆく 静けさ 唸る地響き
不純の 客人 引き取り願う
一歩も 先へは 進ますまじ

SS2
風が吹いた 東へ
腰のしるし さざめく

SS3
ゆがんだつきよ しずまぬままに
ゆらゆらと かげ ふりそそぐ
ひらりまう かぜのささやいた
「とがのしき ねむれよ」


↓読み
===========

A1
ただよううすもや つきのはつきささる
こころはあやしく いざようけものみち

B1
ざわめくもりのもののけ  
とおくでしょうじょうのうたげが
きこえるかずはのしらべ
いまよみがえるうずき いにしえの

S1
またれよ さだめに のろわれしひと
ひとよの えにしに おしえてしんぜよう
そのみが かがりに あかされぬまに
いかれよ はてまで かぜふくほうへ

SS1
こしのしるし てをあて
むねのはおと さざめく

***

A2
いくせん いくつき いくやま こえてきた
ゆがんだ うきよに ひとすじ よみのあと

B2
いずこか このみのやわらぎ
ひとよにかくれず ねむれん
よせてはかえす なみおと
ふとあらわれる おぼろ すなのみち

S2
またれよ これより かみのやしろぞ
ちりゆく しずけさ うなるじひびき
ふじゅんの まれびと ひきとりねごお
いっぽも さきへは すすますまじ

SS2
かぜがふいた ひがしへ
こしのしるし さざめく

SS3
ゆがんだつきよ しずまぬままに
ゆらゆらと かげ ふりそそぐ
ひらりまう かぜのささやいた
「とがのしき ねむれよ」

じゅんと申します
整理しました

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    ご応募ありがとうございます。
    こちらの歌詞を使わせていただきたいと思います!

    2016/09/01 22:37:28 From  豆千代

  • userIcon

    メッセージのお返し

    豆千代さん、お忙しい中ご連絡頂きありがとうございます!
    とても嬉しいです、どうぞよろしくお願いいたします。

    2016/09/02 00:19:08 June

  • WIND_旅人(調整分)

    by 【単発コラボ】6作品目cloudy【完成!】 

  • WIND-旅人-(作詞:June様)

    by 豆千代さん

▲TOP