bygone

投稿日:2018/02/05 12:27:47 | 文字数:519文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

過去のはなしとか。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつまで待っていても手を伸ばしても
近付けない夢と記憶と
すべて忘れたまま消え逝く
夜更けの街灯り


愛こそすべてとか つまんない歌 憧れた
青く輝く風 空に響く君の声

凍る坂道 追い抜いたコート
忘れてしまうよ

埃の積ったテレビ 募った虚無に
知らん顔してまた不貞寝して
何もできずに何にもなれずに
ただ時間だけ通り過ぎて

僕を置き去りに沈んでく
夜明けの白い月


雨上がりの街は 広がる光 眩しくて
悴む指先で 空に探した 祈りも

こんな遠くに離れていたら
忘れてしまうよ

今更見えない景色 聞こえない声
知らん振りで無駄に強がって
何もできずに 何にもなれずに
ただ日常を捌いていく

君を忘れたまま消え逝く
朝焼けの始発で


変わらず変わりゆく
世界はやさしくて
言葉にならないことも
飲みこまれていくよ


何処にも居ない幻 理想像など
知らん顔してまた逃げ切だして
何もできない 何もなれない

自分を騙して生き抜いた
僕を置き去りに進んでいく

世界に
積ったメロディー 募った言葉
腐った過去をただ吐き出して
何も見えずに何にも聴こえずに
ただ無我夢中で歩き出す

僕を置き去りに沈んでいく
夜明けの白い月

雪歌ユフさん重音テトさん浮遊レイさん

Twitter @NullSayRiff

よろしくお願いします。

アイコン:井神ちゆ(Twitter:@igamichiyu)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP