鏡歌

投稿日:2010/04/21 17:33:13 | 文字数:717文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

公式鏡設定(?)で何か書けないかな、と。
処女作ゆえ不手際だらけです、ごめんなさい´・ω・

こっそり曲付けてくださる方がいらしましたらご連絡くれると嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


Rin
鏡の中の貴方へ
貴方は何処の誰ですか?
問い掛ければ鏡の中の貴方、
優しく微笑んでくれました


Len
鏡の向こうの貴女へ
答えは至極簡単な事
答えに鏡の向こうの貴女、
不思議そうに笑いました

「ぼくはきみ、」
「きみはぼく。」
それが答え、それじゃ駄目かな?


Rin
紡がれた答え、理解出来ない答え
君はだれ?
その答えはわたしだと言う貴方

「わたしがきみ、」
「きみがわたし。」
なら、どちらが本物の“わたし”なの?


Rin and Len
ぼくたちは2人でひとつの“個体”
1人では何かが欠けてしまうから
その欠けたものを補う為に、ぼく(きみ)はここに現れた
どちらが本物、それは愚問だよ
ぼくたちは2人でひとつ




Len
先か後か、鏡の向こうの貴女
2つの個体を分けたのは一枚の鏡
その中に映るのはぼくであってぼくじゃない貴女
綺麗な髪、優しい笑顔
全てぼくは触れる事が出来ない


Rin
後か先か、鏡の中の貴方
知らない世界を教えてくれた一枚の鏡
表面に映るわたしの影であって影じゃない貴方
綺麗な瞳、優しい言葉
全てわたしは手に入れられない

「ここに来て、」
「お願いよ。」
少しだけわがままを言わせて?


Len
涙が頬を伝った
鏡を見つめる貴女は拳を叩きつける
酷く煩い音がして、鏡が割れる

「ごめんね、」
「そのお願いは聞けない。」
割れた鏡はがらがら崩れ落ちた


Rin and Len
ぼくたちを支える架け橋が壊れる
1人になった互いが見たのは真っ黒な鏡
その先に映るのは、泣いているわたし(ぼく)
二度と出逢うことのない鏡の向こう
2人は永遠に偽者になった―――



既に末期な人。
音楽性は欠片もありません、駄目だね^p^
趣味でちまちま文章打ったりするのが好きです。

どうやら使用パソコンとピアプロの相性が悪いらしく、観覧は携帯からになると思います。
だってリンクをクリックしたら窓が閉じるんだ…orz
投稿はそんな恐怖に見舞われながらがたぶるでやってたりします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP