Beril

投稿日:2012/03/02 23:19:28 | 文字数:614文字 | 閲覧数:53 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

◆Beril




宝石みたいに輝きたければ 夢見てばかりじゃ叶わないのよ

そりゃさ 魔法が使えたら問題ないけど

そんな魔法はどこにもございませんのよ?




がむしゃらになるのもたまに如何でしょう

留守番きりのあなたの心をノックできるかも




さあ始めよう僕らだけの

風をも裂くようなメロディーを

ベリルの波を纏い放て

雲の隙間から未来を撃ち落とそう




複雑な記号を並べても=がちっとも繋がらない

証明せよとか言われたら最期 返す言葉もございません

だから今日も僕の歌は易しいのです




出来損ないの僕はエメラルドもどきのベリル

輝くことを諦めたくないだけの石ころさ




さあ始めよう音楽祭を

歌うだけが脳で何が悪い

底なしの化物を飼い慣らせ

ゾクッとさせるほどの笑顔に変えてよ



味気がないならふりかけろ

おかわりが欲しけりゃついてきなよ

キスも撫で合いもいらない ただ

この標的は僕のものだ!立ち去れ!




この世界に僕の価値はないの?

それなら新しい世界をよこしな!

どこだって弱虫は歌えるよ

失うものなんてないからね


今始めよう音楽祭を

歌うだけが脳で何が悪い

底なしの化け物を飼い慣らせ

ゾクッとさせるほどの笑顔にしてやんよ



始めよう僕らだけの

風をも裂くようなメロディーを

ベリルの波を纏い放て

雲の隙間から未来を撃ち落とそう

夜烏Pという名前で、主にニコニコで活動させてもらってます。こちらは反応鈍いかも。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP