【オリジナルマスター】 ―Grasp― 第十話 【悠編】

投稿日:2009/11/15 20:50:48 | 文字数:2,543文字 | 閲覧数:166 | カテゴリ:小説

ライセンス:

実は前からこっそりそういう事を考えていたんですが、なんとコラボで書ける事になってしまった。
コラボ相手の方とそのオリキャラさんが素敵すぎて、緊張しております……!



わっふー! どうも、桜宮です。
悠さん、決意を新たにする、の巻。

ミクちゃんとの会話が多いですねー……今回、一番頑張ってるのは彼女なのかもしれません。
ところで、横隔膜に泣き癖がつくと、すごく苦しいと思うのですが←

さて、また悠さんとアキラさんが会ったときに、どうなるのか……。
次回、乞うご期待!
……うん、一回言ってみたかったんです、それだけなんです……!←


アキラ編では、後輩さんが色々考えているようですので、そちらもぜひ!


東雲晶さんの生みの親で、アキラ編を担当しているつんばるさんのページはこちらです。
http://piapro.jp/thmbal

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

オリジナルのマスターに力を入れすぎた結果、なんとコラボ(2人)でお互いのマスターのお話を書けることになりました!
コラボ相手は、カッコいい素敵なお姉さんの生みの親、つんばるさんです!
上記の通り、私とつんばるさんのオリジナルキャラ(マスター)が登場します……というか、マスター(♂)×マスター(♀)です。
そして、ところによりカイメイ風味ですので、苦手な方は注意してください。

おk! という方は……。

(つ´ω`)<ゆっくりしていってね!>(・ω・春)




*****




ミクは、一向に泣き止む気配がない。
困った末、俺は彼女を練習部屋へ連れ込んでゆっくり話を聞く事にした。


「寒かっただろ、これでも飲んで落ち着け」

「すみません……ありがとうございます」


俺からマグカップを受け取って、ココアを一口飲むと、ミクはまた小さくしゃくりあげた。
VOCALOIDも泣き癖がついたりするのだろうか。そんな事を考えながら、俺は彼女を見つめていた。




―Grasp―
悠編 第十話




ミクが落ち着いてきた頃を見計らって、俺は腕を組む。
赤く腫れた目元が痛々しいが、それとこれとは話が別だ。


「……それで?」


思いのほか厳しい声が出たが、俺はさほど気にする事もなく、立ったままミクを見下ろしていた。
寒い中、歩いて帰ってきたのは、大変だっただろうと思う。が、それを理由に甘えられては困る。
事情はしっかり聞かせてもらわなければ。ミクもその事はわかっているはずだ。


「ちゃんと説明してくれるんだろうな?」

「はい……」


弱々しくそう応えて、ミクは小さく頷く。
マグカップを持つ彼女の両手に、力がこもるのが見てとれた。


「……お話をしに行ってたんです」

「誰と」

「その……アキラさんと」


その言葉に、一瞬息が詰まりそうになるが、すぐに持ち直した。
まったく予想しなかったわけではない、が、まさかと思っていたから驚きはした。それでも、俺の目が細められたのを見て、ミクが身を縮める。


「話って、何を」

「あ、あの……私……」


言い澱む彼女を、俺は何も言わずにじっと見据える。
しばらくして耐えきれなくなったのか、うつむいて、蚊の鳴くような声で言葉を紡いだ。


「なんで、マスターに答えを返してあげなかったのかって……」

「……ったく、余計な事を」

「ごめんなさい、でも私……あんなマスター、見てられなくて、それで……!」


溜め息混じりの俺の声に、ミクがまた泣きそうな顔をする。
参ったな、泣かせたいわけじゃないのに。


「アキラとの事は俺の問題なんだ。ミクが無理に頑張らなくていい」

「ごめんなさい……」

「そんな顔をするな。……もう怒ってないから」


床に座っている彼女の目線に合わせるために、しゃがんで頭をなでてやる。


「悪かった。心配かけたな」


少々乱暴な手にも、構わずにミクは唇を噛む。
アキラのところへ行って、泣きながら帰ってきたという事は、言い負かされでもしたのだろうか。
あいつは口が達者だからな、と思うと同時に、ならば何故あの時はあんなに取り乱していたのかと、疑問に思えてしまう。


「……アキラさんは、馬鹿です」

「そ……そうか……?」


ぼーっと考えていた時に、不意にミクが呟いた言葉に、俺は度胆を抜かれる。
アキラを馬鹿と言い切るか。本当に、何があったんだ。


「私はアキラさんの事を、何もかも知ってるわけじゃありませんけど……それでも、わかるものをわからないフリをして、逃げ回るなんて……大馬鹿だと思います」

「ミク……?」

「マスターだってそうですよ」


どこか恨めしげな目を向けられて、ぎくりとする。
……否定できない。
アキラへの気持ちは、前から感じていた。
ならば何故気付くのがこんなに遅れたのか……簡単な事だ、気付いてはいたが気付かないフリをしていたからだ。そんなわけがないと、無意識のうちに切り捨てて、逃げ回っていた。


「逃げたって何も解決しないんです、どんどん向き合うのが先延ばしにされて、辛くなるだけなんです、なのに貴方たちは……」

「……逃げねえよ」


俺の声に、ミクは顔を上げる。


「そもそもこれは、俺個人の問題なんだから……逃げられるものじゃないよな」

「……はい」


安堵したように、ミクはようやく笑顔を浮かべた。
そんな彼女に、俺も微笑を返して、そこでふと思い出す。


「そうだ。ミク、俺のUSB知らないか?」

「はい?」

「USB。見つからないんだよ、コラボの曲が入ってるってのに……ミク?」


コラボの曲、と口にした瞬間、ミクの笑みが凍り付いた。


「マスター……」

「どうした?」

「あの……ごめんなさい、置いてきちゃいました」

「……はぁ?! おま、まさか……!」

「しーっ、声が大きいですよ!」


思わず声を上げた俺を、ミクが制する。
そうだった、ミクの他のVOCALOIDたちは、皆眠っている。起こしてしまっては申し訳ない。
すまん、と一言謝ってから、続ける。


「置いてきたって……アキラのとこにか?」

「すみません、ちゃんと持って帰ってくるつもりだったんですが……その……ついうっかり、といいますか……」


USBなんか持っていって、どうする気だったんだ。
そう思わなくもなかったが、俺の思考は別の事に集中していた。


「……いや、好都合だ」

「は……?」

「堂々とあいつの家まで行く口実ができた」


目をぱちくりさせるミクに、俺は笑ってみせた。


「言っただろ? これは俺の問題なんだ」

「マスター?」

「……俺が、ちゃんと決着をつけに行かないとな」


それを聞いて、ミクの表情が徐々にほころんでいく。


「その意気です」


彼女の言葉に頷きだけを返して、そろそろ寝ろと指示する。
大人しく従って立ち上がる彼女に続いて、俺も部屋を出た。
……そう、俺が、自分の力でなんとかするしかない。わかってるさ、そんな事は。
胸の内でそう呟いて、部屋の明かりを消した。

KAITOに続いてMEIKOもお迎えしたようです。やはりもっぱら喋ってます。

作品数が増えてきたので、ブクマにてまとめを作成しました。


突発的に思いついた事をひたすら文章にしている、ちょっと頭の悪いヤツです←
調子がいいと一日に数本書けますが、悪いと数ヶ月放置してしまったり、筆の速度にすごく波があります。

年長組(特にKAITO)が大好きなようです。
カイメイは正義!が信条です。

亜種もそこそこ好きみたいです。帯人とか、KAIKOとか…あれ、KAITO亜種ばっかり←
あ、最近はMEITOも好きだったりします。


ネタも大好きですが、上手く文で表せず、代わりに書いた文はほのぼのとか時々シリアスとか…あれ?orz


ブログ始めました。→http://haru202.blog54.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    銀翼 紫苑さん>
    はじめましてー!

    ピアプロに入ってなかった頃からとは、嬉しいお言葉! ありがとうございます!

    悠さんがなんだか人気のようで、私の方がびっくりしてます(笑
    次も頑張ります、待っててくださいねー!

    2009/11/28 14:17:04 From  桜宮 小春

もっと見る

▲TOP