鈍-ナマクラ-(曲募集中)

投稿日:2010/09/20 00:20:18 | 文字数:566文字 | 閲覧数:327 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

和ロック的な何かのつもりだけどそうじゃなくても…

読んだままずばり相容れないもの同士の恋です。
結ばれることのない報われない想い。
そして最悪の形で幕を下ろすはずの恋。

ひっそり曲募集中です。
「前のバージョン」でひらがな表記します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

闇翻し 刃躍らせ
躊躇い傷が また刻まれる
その切っ先の 惑い揺れるは
貴様の胸の 映し鏡か

『愛しい人』と 触れた指先
偽る姿 初めての嘘
この唇で 罵ってやろう
「貴様はなんと 弱きものか」と


一目見るなり 心奪われた
幼く無垢な その澄んだ色
穢せはしない この汚れた手
触れることなど 許されはしない

その鈍らで この胸を突け
抉り広げて 千千に引き裂け
この手足なぞ 無くとも同じ
その目を閉じて 今すぐ貫け



光閃き 刃躍らせ
刃先はついに 首を捉える
見据える瞳 涙を浮かべ
貴様の方が 命乞いなど

『愛しい人』と 撫でたその髪
犯した禁忌 下される罰
この唇で 伝えてやろう
「この命など 惜しくは無い」と


二度逢えば 心を失くす
全て奪われ 我を失う
解っていても 傍に居たいと
願うことすら すでに大罪

その鈍らで この首を刎ね
二度と開かぬ 柩に捨て置け
この頭さえ 封じ込めれば
黒い翼も 羽撃きはしない



『愛しい人』と 触れた唇
それは幻 優しいその嘘
ただ君だけは 穢さぬように
最期の日まで 貫いた嘘

我は誇ろう 旅立つ先に
この現世で 唯一振りの
優しき刃 その鈍らで
ただ一人散る 弱き妖と

じわりじわりと復帰。
まだまだちょっと低速運転。

とりあえずKAITOが好きです。なれないけどmikiさんもいじりますよ!

タイトル横に(曲募集中)と付いていたりついてなかったりしますが、「作曲者募集」「曲募集中」タグが付いているものは常時曲募集中。
ライセンスが良くわからないので適当についています、ひとまずお声掛け頂ければ。
ほぼ活動していないほど低速中ですが、メッセージ頂ければお返事できます。

作詞>>>>>>>>作曲
まとまった時間がないと曲が作れません。というかまともな曲ができていませんorz
目指すところは吟遊詩人的な歌詞と曲。
イラストはたまに自分用に。
たまにきゃっきゃしたラブソングとか皮肉たっぷりな歌詞とかうらやましくて挑戦してみるも無残に散っていますので笑っていただければと思います。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 「貴様はなんと 弱きものか」

    by 七詞さん

▲TOP