07.メロミックハツネコア

投稿日:2009/05/17 20:04:39 | 文字数:502文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞&作曲 てむぴー

ボーマス8にて配布したアルバム『星ときどきご飯』用の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どんなに近くに居たって夢見るボクの幻想でしかない
涙は出ない痛みも感じない
それが辛くて逃げ出したくなるけれど

どんなに両手を伸ばしても届かない遠いよソトの世界は
音は繋がっている声も届いている
それは無理ってことじゃないでしょ

ああ、この冷たい境界線は
逃げることさえ許さなくて
いっそ消えてしまいたい

キミは遥か
ボクは霞(かすか)
ココロ密か
伝えたい想いは
いつかキミに伝わるの?

壁越しに触れるキミの温もり本当はわからないけど
確かに熱くボクのココロの奥震わせ真っ赤に焦がしていったんだ

何でココロはあるのにキミに触れられる手は無い
こんな事になるならば
いっそ生まれたくなかった

キミは遥か
ボクは微か
繋ぐ僅か
越えられない壁
見つめるだけなんて悲しすぎるでしょ

「アリガトウ、ゴメンね、それは叶わない夢だから」
「もう少しだけ楽しい時間を下さい」
「少しでも寂しい想いをしないように音を贈り続ける」
なんて言われたら寂しくなっちゃう

あのね
それに答えるボクの歌声は
キミを寂しくさせてないかなちょっと心配だ
だったらせめてこの歌声にボクの熱い想いを乗せて
キミに贈るよ

ミクさんとパンクがスキです。
支援してくれる人に感謝です(漢泣)

Twitter(気軽に繋がりたい方用)
https://twitter.com/#!/tmp_sound

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP