欠けた世界

投稿日:2015/12/17 10:36:03 | 文字数:330文字 | 閲覧数:82 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 うあじゃ さんの『【 歌詞募集中153 】デモ02 12/20〆』(http://piapro.jp/t/g8tF)の歌詞として書いたものです。
 不気味な雰囲気、と解釈して書きました。
 あと、比喩表現だけで終わってますが、「現実」を意識しています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

割れた窓に映る三日月
欠けた視界の隠れた部分に
何かがいる
何が隠れる
黒く漂う
気配を感じた

点滅する街灯
消えている時
何かが走り抜けた
音が聞こえた

腕の折れた人形
笑顔の裏で
何を手にしてたのか
花か斧か

大事な部分
覆われ続けたまま
何がいるか
分からないまま

相変わらず欠けた視界
見晴らしの良い高台に登る
その頂上
視界の端
何かが見えた
揃えられた靴

その途端にぼやけた

街路樹の陰に潜み笑ってる
こちらを見て何を思う
欠けた視界 外側に
どんなのがいる

埒が明かず
隠れた部分
飛び込んでみた
手に当たったのは

もがく人体
群がる「アレ」
横たわる人
貪る「アレ」達

こちらを見て笑った

貪る「アレ」

こちらに牙を剥いた

 一応Twitter始めました(https://twitter.com/kobayuta2)。どれだけ使うか分かりませんが。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP