シーズンダイアリー

投稿日:2019/02/18 12:49:54 | 文字数:739文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夢を追う人が挫折する様子を想像していただきたいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春の足音が 響き出す頃
いつの間にか道 幾千に分かれる
喜びや悲しみを 噛みしめた人が
少しとまどって 歩きかけてる

桜の花が 見送る季節
向き合って生きてきた 友の姿遠く
桜の花が 見送る季節
いつまでも いつまでも 描いてた 夢終わらぬよう

夏の蒸し暑さ 泣きたくなった
いつの間にか空 道の果てに続く
突然の雨に濡れ 傘もさせぬ僕
土砂降りの中 歩き続ける

ひまわりたちが 見送る季節
支えあい生きてきた 友は遥か遠く
ひまわりたちが 見送る季節
いつの日か いつの日か 描いてた 夢がかなうよう

秋の彩り(いろどり)で 街が染まった
いつの間にか夢 忘れそうになった
おだやかな人生に すがり生きたいよ
悩みを捨てて また歩き出す

モミジの葉っぱ 見送る季節
かなわない夢を知り 刹那(せつな)に生きないで
モミジの葉っぱ 見送る季節
簡単に 簡単に 描いてた 夢は叶わない

冬の厳しさが 身体(からだ)にしみる
いつの間にか道 吹雪いて進めない
悲しさや憎しみが さらに輪をかける
涙をぬぐって 生きていくし

みんなが夢を かなえるなかで
すさまずに すさまずに 不器用でいいから
みんなが夢を かなえるなかで
生きるだけ 生きるだけ 描いてた 夢は思い出に

春夏秋冬(はるなつあきふゆ) 季節うつろい
冬が終わる頃 僕は悲しくなる
ナミダ色サクラ色 衣替えされて
旅立つ人も 道に迷って

桜咲くのが 遅い町なら
こんなにも こんなにも 不器用でいられる
桜のつぼみ 雪の華たち
口づけて輝いて 傷ついた 僕を癒してる

桜咲くのが 遅い町では
まっすぐな まっすぐな 不器用でいられる
桜のつぼみ 雪の華たち
口づけて輝けば 傷ついた 僕は癒される

作詞家志望の中年男性です。
勤務していた市民団体事務局を退職して7年、好きだった作詞を始めています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP