iO

投稿日:2018/05/23 19:37:42 | 文字数:251文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

さみしいとき
水の表面を掬って
円の中に還れば
とおのく暗示

お皿の上で
横たわるだけの
料理にはなりたくないや

馴染みの像(かたち)
蕩けたアイ・オー
脱皮しても
置いてかないよ
呑み込んで
胸にちいさな、

円の中に還った
自由で不自由で
遠視のひどいゲノム

お皿の上に
横たわるだけでは
きみの血にもなれない

あの日から
きらきらが いちまい
のどにつっかえて

馴染みの像(かたち)
崩れたアイ・オー
焦げついても
置いてかないよ
呑み込んで
しまっておこう
胸にちいさな、

ちいさな

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    お皿の上の、気持ちのふれーずと、 それを見る視線の 雰囲気が、波紋のように広がるまざる感じがいいです。 (^_^)h 上品な人生の感じいいなぁ・・・

    2018/05/26 10:58:00 From  おひるね WrMu

▲TOP