気づけばいつ頃からキスの意味を忘れた

投稿日:2016/02/14 09:58:08 | 文字数:358文字 | 閲覧数:122 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

飽く夜を繰り返しても
あの月があざけ笑うだけ
透けるように空気へとなれたら
どんだけ楽なんだろう

寂しい苦しい思いを数えてると
都市部のネオンに酸素を奪われる

気づけばいつ頃からキスの意味を忘れた
孤独に味を占めて噛んだ唇に赤いルージュ

はぐらかす伏し目の先に
見えるのは「孤独」だけ

ぐちゃぐちゃに雁字搦め
絡まった関係はいらないから

侘しい卑しい逃げる為なら なんでもするわ
それなのにまた輪になれずにいるの

気づけばいつ頃から繋ぐことを恐れた
孤独と慣れ親しみすぎて指先がひどく痛む…

蛍光の淡色の中 吐き出す
溶けてしまいそうな深い闇「どうして・・・」
誰も拾えない隅っこ 耐え切れない夜に煽られ 堕ちる

気づけばいつ頃から愛の意味を忘れたの?
思い出せないくらい哀に溺れて息が出来なかったの

※作詞をしております。すいといいます。
 基本的には歌詞募集の作品に応募しています。

※作詞の依頼、コラボ大歓迎です。
 詞先、曲先問わずお気軽にメッセージください。

※曲募集中の作品について
 ↓こちらにまとめました↓
http://piapro.jp/collabo/?view=collabo&id=21728

Twitter
https://twitter.com/sr_0722
関わったもの
http://www.nicovideo.jp/mylist/12847334

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】摩天楼の鴉【オリジナル】

    by ロカルツPさん

▲TOP