ミライカラ

投稿日:2013/06/08 10:27:21 | 文字数:490文字 | 閲覧数:289 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

編集前に平仮名表記あります。

思い返すと何も考えてなかったあの頃が一番正しかったような気がする人の歌

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
どこでまちがえたのかな
なにをまちがえたのかな
足を踏み外して 怪我はなかったのかな

【A】
なにも知りたくはないな
だけど知ってくんだろな
ずいぶんと汚れて やだ「おめでとう」なんて

【B】
指の数で足りる日を 未来と呼んでいた
明日明後日その次
きらきらのあの日を 間違いと言えずに

【S】
あぁ もうわけわかんないよ
ぜんぶ大嫌いだよ
もう いっそ死ねばいいのに

【A】
どこがまちがいなのかな
なにがまちがいなのかな
見えるものが増えて 頭痛が痛いよとか

【A】
痛み止を飲むからね
少しだけ眠るからね
いい夢を見るので 邪魔しないでください

【B】
指の数じゃ足りぬ日を 塗り潰し此処まで
歩いて来た筈なのに
もしかしてあの日が ぜんぶ正しいなら

「そんな酷なことはないな」

【S】
あぁ もうわけわかんないよ
ぜんぶ大嫌いだよ
もう いっそ死んでしまえば

【S】
あぁ 幸せな夢を見た
あの頃の僕がいた
あぁ それだけだったんだな
あの頃の僕がいた
ただ それだけだったんだな それだけだったのに

これまでの宝物リスト→http://www.nicovideo.jp/mylist/33793672

詞を書くことが大好きです。
曲は随時募集中です!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP