シアン化タルトタタンの歌

投稿日:2018/10/18 01:17:49 | タイム/サイズ:03:00/(4,209KB) | 閲覧数:407 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

天津団栗あらためアマツシノヴさんによる最新の詩「シアン化タルトタタンの歌」の作曲、編曲、(例のトリオの)調声を担当しました。
つい最近まで別件のお仕事との並行運転のもと制作を行っていました。スケジュール的にカツカツで少し大変でした。今は形になってくれたことに唯々満足です。

センター:ギャラ子Neo_RED
レフト:初音ミク無印
ライト:めぐっぽいどNative

カード
イラスト1

+ 追加

[intro]
無明(むみょう)の中に闇雲(やみくも)なお前は
「配(パイ)を殖やせ」と声高(こわだか)
因明(いんみょう)の隙に嗤ってやりたい 生地から生まれ出直して来いと

[A1]
諸行無常の焼印 無間に連なる遺伝の底で
誰も彼も観て視ぬ振り現世(うつしよ)忘れ走馬燈
先つ祖(さきつおや)どもを切って刻んでは粉微塵
御覧 分け合う様にして獲り合う奴等の一部始終を

[B1]
散々禿げ上がるほど毟り取り
惨憺(さんたん)醜く喰らい荒らして
残渣(ざんさ) 鼻摘まみ遠慮と固め
音も無く積もりゆく本性は

[S1]
あんたがたどこさ何処にお前は在る
倫(みち)理(ことはり)は何処さ誰となく
問いかける否 お前に
「然うして斯うして此処迄導かれたのか?」

あんたがたどこさ何処迄靴を曳く
誰が為に鐘は鳴りて誰が踊る
やがて全て塵になるなら
お前の芥転げる結末を焦がれ待つ


[A2]
「灰になろうが朽ち果てようが私の識る由(よし)は無いだらう」
喰われている様で喰らう側にして喰い合う羯摩(カルマ)の果実
業火の中に赤々と燃えて 飴色に昏れ泥む(くれなずむ)姿さえ
都合よく救われて仕舞う世界ならば

[B2]
全ての事を已(や)め尚 時めき
奪い合う手足口 意味を問い
脳が蕩(とろ)け 肉乾いても
お前は依然 恐れ知らず

[S2]
あんたがたどこさ何処にお前は在る
遠く遠く憶えのある そこはかとなく
問いかける否 お前に
「天に賄賂を贈るだなんて本気なのか?」

あんたがたどこさ何処迄靴を曳く
誰が為に鐘は鳴りて誰が踊る
やがて全て塵になるなら
お前の芥転げる結末を焦がれ待つ

[outro]
末法(まっぽう)の此岸(しがん)
分けられようか 勝敗など
明日も視えないのに
逸そ全部瑜伽(ゆが)めて そっと「灼こうか」
地獄の竃が嗤う

もっとみるLyrics by アマツシノヴさん

ごくまれに唄を作ります。
目玉は「和ルツ」と「架空の懐メロ」です。

もっと見る
  • パン屋の一部

    by Niusoundsさん

  • ロングロングナイト

    by スーザン中山さん

  • やさしく死ぬの

    by Mizuikeさん

  • 【闇音レンリ】 NIGHT DIMENSION 【オリジナル曲】

    by juice さん

  • 【鏡音リン】ソーンラビリンス【オリジナル】

    by ネオン♪さん

  • 甘い夢

    by ちる田さん

  • 【重音テト・焔音レイ】True Love【オリジナル】

    by 電子雨さん

  • 【焔音レイ】色彩の焔-iro no Hestia-【オリジナル】

    by 電子雨さん

  • 【巡音ルカ】aka happiness【オリジナル】

    by digdugさん

  • さよならインターステラ

    by aQさん

もっと見る

▲TOP