幼 生

投稿日:2013/01/19 13:45:07 | 文字数:1,533文字 | 閲覧数:210 | カテゴリ:歌詞 | 全6バージョン

ライセンス:

誤字を修正
あとあし→あしあと
声失くした→声を失くした

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

  幼 生

016 
濃密な夜 帳(とばり)が揺れて
人ごみに微笑みの残像
モノトーンの波 滑るように
光跡曳いて泳いでくよ 人魚

044
視界の端に漂う腕を
捕えたいよ 暗い衝動さ
フェイドしてゆく姿を求め
踏み出してゆく 澱んだ海へ

  058
  幼い君が ぶら下げていたね
  赤い金魚が ぴしゃり、跳ねた
  あれはいつだろう 思い出の中へ
  スライドの落ちる ‥音が

112
細く延びた 白い足に
滴る雫 ばら撒いて
君はどこで スウィッチしたの
あの子は消えた グッバイ memory

( 間奏 )

147
闇に延びたアスファルトの路(みち)
濡れて光るは赤い足跡(あしあと) 
痛めたつま先預けてくれ
撫でるように頬ずりしようか

  201
  少女の君がプールの底から
  躍り出てくるよ 陽光(ひかり)はじき
  ふるりと振った黒髪の先から
  振りまいてたね ‥秘密

216
今の君は 虹色人魚
尾びれのような 服まとい
僕の知らない 微笑み浮かべ
夜の中へとゆらり蕩(とろ)ける

231
そろり伸ばすこの手のひらは
奪うため 易しいこの狂気
君はどこでスウィッチしたの
生まれたての足抱いて‥

 ( 間奏 )

  300
  生きている限り 変わり続けるわ
  そんな私を もう許せないの?
  零れ落ちてゆく 涙は深紅(しんく)に
  ぽたりとひとつ また‥ひとつ
  

313
声を失くした人魚のように
聞こえないよ もう僕だって
身体の中 塩辛い海
耳を塞ぐ潮騒の音が‥

328
抱きしめてる 空ろな殻を
深い淵へと孵えろうか
僕さえ君は変えてしまった
目覚めたいかい? 幼生


   *  *  *

016 
のうみつなよる とばりがゆれて
ひとごみにほほえみのざんぞう
モノトーンのなみ すべるように
こうせきひいておよいでくよ にんぎょ

044
しかいのはしにただよううでを
とらえたいよ くらいしょうどうさ
フェイドしてゆくすがたをもとめ
ふみだしてゆく よどんだうみへ

  058
  おさないきみが ぶらさげていたね
  あかいきんぎょが ぴしゃり、はねた
  あれはいつだろう おもいでのなかへ
  スライドのおちる ‥おとが

112
ほそくのびた しろいあしに
したたるしずく ばらまいて
きみはどこで スウィッチしたの
あのこはきええた グッバイ memory

( 間奏 )

147
やみにのびたアスファルトのみち
ぬれてひかるはあかいあしあと 
いためたつまさきあずけてくれ
なでるようにほおずりしようか

  201
  しょうじょのきみがプールのそこから
  おどりでてくるよ ひかり、はじき
  ふるりとふったくろかみのさきから
  ふりまいてたね ‥ひみつ

216
いまのきみは にじいろにんぎょ
おびれのような ふくまとい
ぼくのしらない ほほえみうかかべ
よるのなかへとゆらりとろける

231
そろりのばすこのてのひらは
うばうため やさしいこのきょうき
きみはどこでスウィッチしたの
うまれたてのあしだいて‥

 ( 間奏 )

  300
  いきているかぎり かわりつづけるわ
  そんなわたしを もうゆるせないの?
  こぼれおちてゆく なみだはしんくに
  ぽたりとひとつ また‥ひとつ
  

313
こえをなくしたにんぎょのように
きこえないよ もうぼくだって
からだのなか しおからいうみ
みみをふさぐしおさいのおとが‥

328
だきしめてる うつろなからを
ふかいふちへとかえろうか
ぼくさえきみはかえてしまった
めざめたいかい ようせい

歌詞と動画作成を主にやってます。
関わった作品はコチラ。
http://www.nicovideo.jp/mylist/23003007
イラストは必要に応じて。
ニーズありましたら声をお掛けください。
ただし実生活が多忙な為お受けできるかは状況によります。
その際はご容赦くださいまし。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP