【小説】wo R ld's end 04

投稿日:2010/02/26 22:59:10 | 文字数:2,951文字 | 閲覧数:207 | カテゴリ:小説

ライセンス:

お気づきかもしれませんが、Rのレンは「俺」、Lのレンは「僕」なのです。リンはどちらも「あたし」なのですけれど。
リンレンを買ってしまったので、しばらく作曲の方に集中しようかと。小説も更新していきますけどね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 テレビに映し出された偶像。あたしのことだ。
 ファンに崇め奉られて、歌の実力も磨き上げた容姿も置き去りに、知名度だけが先走る。
 きっと、この国のどこかで、あたしの映像を見ながら、馬鹿らしい、と吐き捨てている人がたくさんいる。

 別に、アイドルになりたかったわけじゃない。なりたくなかったわけでもない。
 今のあたしの知名度や活動内容に不服があるわけではなく、だからといって満足しているわけでもない。
 将来のビジョンがないから、目標もない。でも、無目的なわけでもないのだ。

 考えれば考えるほど、分からなくなるだけ。

 あたしはただ、居心地がよかっただけだった。あの子の隣にいるのが気持ちよくて、ずっとそうありたいと思ってしまった。
 引き際を見誤って、気付けばもう後戻りは出来なくなっていた。
 状況も、そして、あたしの心も。全部が全部、彼に繋がれてしまっていた。
 そのことを後悔しても、もういまさら、あたしは彼から離れられない。

「これって、片想い?」

 口に出してみた。でも、誰も答えてくれなかった。

「もしそうだとしたら……結局、なにがどうなるんだろう」

 分からない。

 どうしてあたしはここにいるのだろう。そんな馬鹿げたことを、考えるようになってしまった。
 少し大人になったということなのか、それともさらに馬鹿になったということなのか。

 あたしは元々、身体の弱かったレンの負担を軽くするために、この世界に飛び込んだ。そもそもレンと出逢ったのだって、大事な撮影中に倒れたあの子の代役をするため。
 同じ顔に生まれたことを迷惑に思ったことだって何度もあったし、感謝したことはもっとたくさんあった。
 でも、今はよく分からない。

 中学に入った頃から、レンはもう、倒れたりしなくなった。それまで以上に売れてしまったせいで、あたし自身も忙しくなって、レンを気遣う余裕もなくなった。
 もう、あたしにはレンの負担を軽くすることが出来ないし、それをする理由もない。
 それでもあたしはここにいる。ここにいて、レンと一緒に歌っている。もう声も違うのに、何のために? レンの隣にいるのがあたしである理由は、どこにあるのだろう?

 たまに、分からなくなる。
 どうしてあたしたちは同じ顔で生まれてきて、どうして出逢って、そして、どうしてずっと隣に居続けているのだろう、と。
 昔はそんなことどうでもよかった。隣にいることが幸せなのか苦痛なのか、それだけだった。
 今は、この特等席を失うことが怖くてたまらない。逃げてしまいたくなるほど怖いけれど、逃げてしまったら意味がない。

「リンは最近忙しいからね、サービスよ」

 メイコ姉は、そう言って、あたしの部屋を掃除してくれた。
 料理と洗濯は交代制、それ以外のことは自分でする、それがこのグループのルール。でも、誰かが芸能人として活動している間、他がそのサポートに回るというのも、このグループのルール。

 ちなみに、今日の料理当番はレンで、あたしは洗濯の当番。本当はあたしの方が料理当番だったのだけれど、毎回代わってもらっている。だって仕方ないじゃない、つくれないんだから。
 ちなみに、この家で一番料理がうまいのはカイト兄だったりする。女性陣は基本的に食べるの担当。

 妙に美味しい料理を敗北感と共に呑み下して、皿洗いはあたしがした。仕方ない、メイコ姉は「リンは最近忙しい」と言ってくれたけど、その一部はレンの仕事になっているのだ。

「ねぇ、ここ教えてー」

 宿題を手に、レンの部屋に行く。ノックもしないで入ると、レンに怒られた。
 分かってるよ、あたしだって最近は、ノックするべきか迷うし、扉あける瞬間、ちょっとドキドキしているんだから。でも、いまさら畏まったら、その分だけ恥ずかしくなるでしょう。

「ミク姉に訊けよ」

「ミク姉は中学生のとき、ものすごく仕事が忙しかったんだって。つまり、この範囲はミク姉の苦手分野」

 嘘ではない。本当に、ミク姉に訊こうとして、「無理」と満面の笑みで言われたのだ。
 でも、下心がないといえば嘘になる。
 一つ屋根の下、なんて、拷問だよ。

「俺だって別に頭よくないんだから」

「あたしよりいいでしょう」

「それはやる気と集中力の問題だろ」

 授業態度も集中力も、努力できるのだって才能だよ。
 そんなことを、本気で考えたあたしは、救いようがない馬鹿なのかもしれない。でも実際のところ、そういうものだとも思う。

「まったく……。で、どこ?」

 レンは嫌そうに、でもしっかりと教科書を受け取った。レンの使っているものとは違う出版社だけれど、授業の進行速度はレンの方が早いらしくて、大体の質問には答えてくれる。
 頭はよくないと言っているけれど、きっと成績はいいのだと思う。っていうか、行ってる学校のレベルがまず違うのだけれど。

「なんでこれが分からないかなー……」

「悪かったね、どうせあたしは馬鹿ですよ」

「頭の出来の問題じゃない。授業中寝てただけだろ」

「寝てないよ!」

 だって起こされたもん。とは、言わないけれど。

 溜息をつきながら、レンは長めの髪をかき上げて、白い紙にさらさらと式を書いていく。
 あたしはただ、それに見惚れた。ずっと、昔から見てきたのに、何も珍しくないのに。

「……分かったか」

「全然」

 あたしの答えに、もう一度レンは溜息をついて、詳しく説明してくれた。
 教え方は下手だけれど、そんなの関係なかった。あたしにとって重要なのは、今、彼の瞳があたしだけを見ていること。それだけで、どれだけ幸せで辛いか。

 部屋に戻ってから、レンが書いた式を眺めて、一人で笑った。

 問題の意味は分かった、答えも分かった。
 でも、目の前の世界は何も変わらなかった。あたしはただ、レンのことが好きで、でもそれがどうしてなのか、そしてその想いが何をもたらすのか、何も分からないままだった。

-----

 翌日、あたしは当たり前に、学校へ行った。
 同じ学校の高等部に通っているミク姉と、いつも同じ車に乗るのだけれど、たまたまミク姉は仕事が入っていて、あたし一人だった。

 昇降口のあたりで、携帯電話が鳴った。あたしは通学かばんから携帯電話を取り出し、首を傾げる。レンからだった。

「もしもし」

 本当は、中学は携帯電話の持ち込みが禁止だけれど、仕事の都合ということで、特別に許可してもらっている。
 そのことはレンも知っているはずだ。
 優等生なレンのこと、私情でかけてくるとは思えない。

『リン。今、学校?』

 落ち着き払った声から、ほんのわずかな動揺を感じ取った。レンが動揺しているなんて、珍しい。
 受話器越しに、チャイムの音が聞こえた。レンも今、学校にいるのだ。

「うん、今着いたところだよ。どうしたの?」

 なにか、胸騒ぎがした。それは、他の人にとってはどうでもいいようなことかもしれない。でも、あたしにとっては、とても大事なこと。レンにとっては、どうだったのだろう。

『次の映画……お前、はずされた』

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP