一年前の今日の僕へ

投稿日:2019/10/11 21:33:28 | 文字数:583文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

一年前の今日の僕へ 意外に命は続いている
君が繰り返す悲しみさえ 気づけば1秒の過去になった
刻んだ腕の痛みでさえ 心に痕が残るだけだ
眠れぬ時はいまだあるけど ぐっすり眠れる時間がある
幸せかどうか分からないが それでも僕は生き続けてる
捨てたものは多くあったけど 思い出せば割と覚えてる
無くしたものも多々あったけど 何かを少しだけ手に入れたよ

人生なんてそんなもんさ 気楽にやればいいと思うよ
悩む事を否定はできないさ こうして僕がいるのだから
それでも僕から言えることは 意外と何とかなるもんだ

一年前の今日の僕へ 明日も命は続いている
ベランダの淵に掛けた足は 怖さに震えて踏み出せない
君が嫌ってた町の中へ ドアを開けたならスルリ行ける
働く意味は分からないが 何かを買えるのは良い事だ
幸せかどうか分からないが 今では僕も笑えてるよ
捨ててきた時間は長かった その分こうして歩いている
無くして困るのもあったけど おかげで好きをわかり合えたよ

人生なんてこんなもんさ 割とハッちゃけたら出来るもんだ
思い切り泣いた昼もあった 悲しみで笑う夜もあった
それでも僕から言えることは 意外と何とかなるもんだ

一年前の今日の僕へ 辛くて悲しい今日の僕へ
今は苦しくて届かないが それでも君には伝えとこう
君が続けてく生の先で 生きた喜びを見つけるだろう

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2019/3/10に今更ながらライセンスを付けなかったときに
許諾するユーザーの追加の仕方を知りました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP