僕の気持ち――君である私が求めるもの――

投稿日:2013/07/04 20:42:16 | 文字数:437文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:その他

ライセンス:

世の中。自己責任とはよく言うけれど、他者に向ける愛というものがあるならば、こんなのがあればいいなと思いつくままに書き綴りました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そっと抱きしめてあげるよ
甘いも酸いも関係なく

君が傷つきふさぎこんでいる時
何の解決にもならないけど
無力な私が唯一できること

話したくなければ話さなくていいし
話したくなったら話せばいい

世の中は辛いことに満ちていて
君の周りは敵ばかり
もちろん。君は僕のことを信じることはできないだろうけど
もちろん。僕も君を信じきるなんてできないけど
それでもいてもたってもいられなくて
君のことがただ好きだから
君といることで僕が僕であることを認識できるから
僕は僕のエゴで君を抱きしめる

それは醜悪な偽善なのかもしれないけど
僕からしたらそんなことは関係ない
ただ、君がそうやって苦しんでいるのを見ているのは
君が消えてしまいそうで辛いんだ

よく自己責任という言葉を聞くけれど
君が悪いのかもしれないし、相手が悪いのかもしれないし、もっと他の誰かかもしれない
でも僕はそんなこと関係なくただ君を抱きしめたいと思うんだ。
僕が悪いのかもしれないけど
君を抱きしめたいから

MMD初心者です。
ニコニコ動画の方に動画を上げていこうと思っています。

なんか文章とか書くのが好きなのでひょっとすると時々ポエムなどをブログとピアプロにupするかもしれません。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP