主導

投稿日:2021/09/27 19:11:35 | 文字数:613文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

アナタをただ見てた 気付いたらそこへ溺れてった
ただの不安のアタシの 不安も聞いてはくれませんか
アナタだけだ アタシをこんなにもさせた人など
まさにそんな憂いを突いて 歌われそして馬鹿になる
苦しい思いをしながらでも ただ待ち呆ける日々で
でもきっと明日も死なないから
ただただ叫べばいいんだった

アナタの歩む道を見ていたいの 本音 まだ黙ってんだろ
アタシの手を引いてくれてますか どうか見捨てないでおくれ
涙も嫌もまだ キリがないでしょ アナタは

交信興奮混乱状態 すっからかんのあっぱらぱー
白痴が服着て駆けてゆくから 骨の髄まで愛してる
嗚呼 まさに今に駆け続けているの 邪魔だった時から
未だ気まま アナタは変わらないまま 鳥の看板も

アナタの見てきた景色を見てみたい 馬鹿なままじゃいられないな
あんな常識正直知らないと いつか言うと思いました
アタシだけ見てて 薔薇を盗んだ もう一杯


「笑われろ」と教えられたアナタをただ焦がれる日々も
いいけれど やっぱ伝えなきゃさ
アナタがわかるわけないじゃんか だからさ

アナタの歩む道を見ていたいの 本音 まだ黙ってんだろ
アタシの手を引いてくれてますか どうか見捨てないでおくれ
アナタの見てきた景色を見てみたい 馬鹿なままじゃいられないな
あんな常識正直知らないと いつか言うと思いました
涙も嫌もまだ キリがないでしょ アナタは
そんなアナタを 全て

好きに使っていただいて構いません。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP