murasakyさんのピアプロバッジ

  • piapro公式Twitterで紹介されました

    天体観測

    (詞曲編: murasaky)

    小さな惑星の軌道上に
    静かに息を重ねてそっと目を閉じる
    君は遥か彼方に消えた星座
    漂う塵も光に変えては踊り出す

    夜空彩る流星群も花火もない
    今夜君を捕まえるから
    宇宙一好きなものが地球の外にある
    なんて 素敵な話でしょう?


    飛び立つロケットも燃料もない
    何光年という僕らの距離が今
    数センチほどまで縮まって
    手が届きそうで 触れられそうな気がしたんだ

    この心地よい沈黙 真空 ひとりきり
    今夜誰にも邪魔はさせない
    宇宙一好きなものが地球の外にある
    という それだけの話でしょう?


    大気とこの望遠鏡の
    レンズだけが僕らを隔てる


    夜空彩る君だけがここにいない世界
    さあ君を捕まえるから
    宇宙一好きなものが地球の外にある
    なんて 素敵な話でしょう?

    もっとみる

    取得日:2018/05/02

  • すごい!ピアプロを5年間以上利用した

    取得日:2017/12/04

  • piapro公式Twitterで紹介されました

    ミッドナイトフューネラル

    ミッドナイトフューネラル
    (詞曲編: murasaky)

    静かに祈る声 誰もが寝静まる夜に
    壊れた夢の中 真夜中十二時を
    迎える時計塔に咲いた花
    冷たい手取って跪く死神と見つめ合う
    "Shall we dance? I mean, the last dance."
    "よろこんで"

    情熱の全てを傾けて
    揺られるままに赴くままに踊ることを知っていたように
    私だけがいないこの世界で今宵限りのラストダンスを
    降りしきる涙(あめ)の中あなたと


    静寂 それ以外 誰もが黙り込む夜に
    裸足の夢の中 真夜中十二時を
    迎える時計塔で枯れた花
    暗い砂漠 歩き尽くして その茎を伝う
    雫を飲み干すまで 受け止めて

    微熱と鼓動が その刹那
    この痛みのない体に流れ少しだけ幸せだった
    私だけがいたこの部屋で今宵限りのラストダンスは
    永遠を刻みこむセレモニー


    もうじきに暗い海の底で眠る石になる頃には
    そんな幸せも懐かしい記憶になる あの日の十二時

    情熱の全てが溢れ出す 冷めやらぬままに
    ステップに乗せて踊ることを知っていたように
    私だけがいないこの世界で今宵限りのラストダンスを
    降りしきる涙(あめ)の中あなたと

    もっとみる

    取得日:2016/10/21

  • ピアプロ本人確認を行った

    取得日:2009/11/08

▲TOP