• 健宇P&悪魔のAHO【公式】さん 高尾さん

    メッセージ

    こんにちは
    初めまして(ピアプロは)
    YouTubeでご無沙汰しております
    早速ですがレーベル等には所属していますか?

    2019/08/03 16:58:22 健宇P&悪魔のAHO【公式】さん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    深夜帯は自己都合なのでお気になさらず(*^▽^*)
    私、高尾さんの曲が大好きになってしまってエゴを押し付けたのは私の方です。
    今からまた作業しますがお互い良い作品が出来るように頑張りましょうね!!
    本当に気にしないでください!
    あのイラストは別の用途で使い道がありますから。

    2018/11/13 23:27:22 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    高尾さんの優しさ、とても嬉しく感じております。
    ありがとうございました!!

    2018/11/13 21:10:31 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    今回は残念ですが諦めます。
    次回機会がありましたらお声をかけていただけると嬉しいです。
    配色も弄って頂いて大丈夫ですよ(*´▽`*)。
    すみません、お役に立てず・・・。
    これからも素敵な曲を作ってください!!
    応援していますね!
    私もイラスト色んなパターンを描けるようになれるよう練習していこうと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    2018/11/13 20:57:54 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    すみません。これが精一杯でした。
    今、イラストアップしました。
    これでダメなら諦めますので・・・。
    多分、高尾さんが求められている作風とは違うなと思いながら描きました。
    あまり暗い絵は描かないのでお見苦しい所が多々あると思いますがマイページの方に見にいらして下さると嬉しいです。

    2018/11/13 02:03:15 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    丁寧な説明ありがとうございます。
    具体的にどういうイラストが合うのかわかりませんが、今のイラストでは可愛らしすぎると言ったところですね。
    高尾山の気持ちわかりました。
    また描きなおしてみますね。
    少々お待ちください。
    明日には描けていると思うのでそれで駄目なら諦めますね。
    高尾さんの曲は凄く魅力があります。
    ずっと聞いていました。
    大好きです。

    2018/11/12 23:05:04 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    ジブン壊シのイメージイラストを私のマイページにアップしました。(勝手にすみません)
    お時間宜しい時に見にいらしてくれると嬉しいです。

    2018/11/12 10:32:03 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • エリーさん 高尾さん

    メッセージ

    凄く共感できる曲だと思います!
    わたしも何度も失恋したけどこんな感じでした。
    忘れたくてもがいて苦しんでそれでも思いは消えなくて・・・みたいな感じ。
    私はイラストを描いているエリーと申します。
    もしよろしければイラストを描かせていただけないでしょうか?
    もう決まっているのなら潔く諦めます・・・(笑)

    2018/11/12 09:18:13 エリーさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こんばんは!mieuxです。

    早速ひとつめのご質問ですが、
    これは先述したソフトがWAVデータをインポートする形のソフトなので、
    オケもボーカロイドもオーディオファイルとして出力してます。

    二つ目のご質問ですが、
    これは単純に行くパターンと、そうはいかないパターンの二つがあると思います。

    単純なほうは、オケは基本的には盛り上がるところで
    音圧も強くなると思います。
    一方、ボーカロイドも(人間も同様ですが)得意とする音域があり、
    その音域だと(音符の長さにもよりますが)強く発声する傾向があります。
    つまり、最も盛り上がるところで、一番いい音域に持ってこれれば、
    よほどオクターブが広い曲でない限りは、
    Aメロ、Bメロ、サビといった具合に分けて調整せず、
    一つのパラメータでいけると思います。
    この場合の良いところはパラメータが一曲を通して変わらないので、
    一貫して「自然に歌ってる」というイメージになりやすいです。

    しかしながら、音楽は必ずしも公式には当てはまりませんし、
    TKOさんも私もギターを弾くので、
    ギタリストとしての得意なキーなどもあったりして、
    それがボーカロイドとアンマッチを起こすこともしばしば(笑)

    その場合の最も簡単な調整方法として私がやってるのは
    1.まず最も発声の弱いと思われるパートに普段通りのエフェクトをかけ
     その上で、音量パラメータをプラスマイナス0にします。
    2.次にそのパートに合わせてオケのパートの音量を決めます。
     (但し、この時オケパートの音量を上げないとバランスが取れない場合は、
      逆にオケをプラスマイナス0にして、ボーカルパートを下げます)
    3.最後に他のボーカルパートの音量を決めます。
     一番弱いところを0にしておけば、他のパートはマイナスになると思います。

    いわゆるパートごとの音量バランスを決めるときは上げる方向で調整すると、
    どうしてもCLIPとの戦いになりますし、収拾がつきにくいです。
    マイナス方向の方が調整しやすくなると思います!

    2017/05/30 23:02:52 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    続きです!
    イコライザーに関しては、ごくごく大雑把に言うと、低音を削り、中音域をあげて、高音はいじらない、
    というようなパラメータを作ると聴こえやすくなると思います。
    これもイコライザーにVocalというプリセットがあると近い雰囲気になると思います。
    (ただ、ボーカロイドの場合は人間のボーカルよりもやや大胆に低音をカットしてもよいかもです)
    しかしながら、あまり極端にいじりすぎると拡声器の声のようになっちゃいます。
    これで大分ボーカルが立ち上がるので、あとはオケとの音量バランスをとるという感じです。
    基本的にはボーカルパートのフェーダー部分はほとんど弄らず、そのまま。
    コーラスパートの音量をバランスを取って下げるという感じです。

    最終的なMIXにはコンプレッサーとリバーブをかけてます。
    これまたソフトによって違うと思うのですが、
    私の使ってるソフトですとリバーブにWETとDRYというパラメータがあります。
    WETを上げるとリバーブが強くなり、DRYを上げると原音があがります。
    実は最終的なボリュームはここで調整してます。
    つまり、DRYの方を上げつつ、WETを上げたり下げたりでリバーブのかかり具合を調整します。

    イコライザーでも音量調整は可能ですし、
    最終的にはフェーダーを上げるという手もあります(笑)

    実際、ちゃんとしたMIX師さんなどはもっと複雑でいいエフェクトをかけてるので、
    かなり邪道なやり方ですので、参考になるかどうかですが、
    こんな感じです!

    2017/05/30 19:45:43 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    メッセージ、ありがとうございます!mieuxです!

    MIXへのご質問に早速お答えさせて頂きます!
    といっても、これまた私の場合、ほぼ独学&特殊なソフト環境があるので、
    どこまで参考になるかわからないのですが。

    私の場合は実はMIXに関しては、シーケンスソフトと別のソフトを使っています。
    フリーで配布されていたソフトで現在はそのページはなくなってしまっているようです。

    で、基本的にマキシマイザーは全体にはかけてないです。
    まず、基本となるオケにマキシマイザーをかけます。
    そして、クリップしない程度に音量を上げます。
    次にボーカロイドにはリミッター2種類と、イコライザーをかけてます。

    この際、リミッターは一つはコンプレッサー的に、一つはボーカルを立ち上げるために使用してます。
    Cubaseを使用したことがないのでわからないのですが、
    Masteringとか、Compressedというような名前のプリセットがあればそれが近いと思います。
    もうひとつはvocalとかvocalLoudというような感じのプリセットがあれば、それに近いと思います。

    字数制限で、続きます(笑)

    2017/05/30 19:45:25 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こんばんは、mieuxです!
    私もミックスを自分でやった曲に関しては、
    以前のものを聴くと「あれ?」となることはよくあります(笑)
    特に古いものは直したいなと思うのですが、
    残念ながら、現在と機材が違い過ぎて直せないという……。

    もちろんクオリティは高いに越したことはないのですが、
    一方で色々弄っているとどれが正解か見えなくなってしまうというもあります。
    私の場合は以下のものに関しては修正をします。

    ・音が割れたり飛んだりしてしまう
    ・耳が痛くなるような高音がある
    ・適正な音量で再生しているのにスピーカーがビリビリしてしまうような低音がある
    ・オケに対してボーカルが大きすぎたり小さすぎたりする
    ・ボーカルパートに対してコーラスパートが大きすぎたり小さすぎたりする
    ・リバーブなどのエフェクターがかかり過ぎている
    ・全体を通して明らかに音量バランスの悪い音がある。

    並べてみると当然と言えばそうなのですが、
    これらは聴く人のストレスになってしまうため最後まで聴いてもらうのが難しいです。
    一方でこれらをクリアできていれば、多少クオリティが低くても
    曲さえ気に入ってもらえれば最後まで聞いてもらいやすいと思います。

    ちなみに、ボーカロイドにかけるイコライザーやコンプレッサー、
    マスタリングでかけるコンプレッサーやリバーブなどは
    何度もマスタリングしていくうちに基準みたいなものが出来てくると思います。
    そうすれば、ミックスも大分早くなると思います。

    あと、確認の時にはヘッドホンとスピーカーの両方で聴いてみています!

    2017/02/20 21:27:54 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こんばんは、mieuxです!
    私っぽい曲調と言って頂けたのはすごく嬉しいです!

    曲作りに関してですが、ポリシーというほどではないのですが、
    作るときに昔から私はアルバム単位というか12~15曲程度を一括りで作ります。
    一曲一曲で考えると、どうしてもそこに色々詰め込み過ぎてしまうというのがあるからです。

    私も割と曲や詩は雑食というか何でもやりたい方なので
    まずアルバムのサウンドコンセプトを決めます。
    例えば「ハードロックアルバムにしよう」とか「打ち込み中心のサウンドにしよう」とかです。
    そして、その中で「一曲目っぽいの」とか「ラストっぽいの」とか、
    そんな感じで考えて曲作りをするとそのジャンルの中で
    思い切りチャレンジする曲とかも作れて楽しいです。

    ただ、ギターを録音する機材が自宅にないというのもあって、
    現在発表している曲数より多い曲のギター入れ待ちストックができてしまいw
    その中から何曲かずつ選んで録音しているので、
    発表する順番はアルバムごととか、曲順通りとはいかずバラバラです(笑)

    PStkoさんのメロディはすごく感情が揺さぶられます。
    「君のかけら」などはちょっとメランコリックで響いてきますし、
    「Stress」は逆にクールな格好よさ、
    「永劫回帰エピローグ」はもろに私の好みのサウンドで、
    コード感とメロディの組み合わせがとても好きです!
    私もまだまだ勉強中ですが、お互い、刺激になれればと思ってます!
    何かありましたらいつでもご質問下さい。
    私なりにではありますが、お答えできればと思っています!

    2017/02/16 19:37:31 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こんばんは、mieuxです!
    曲にあう音色というのがある一方で自分の好きな音色があるのもまた事実で
    「自分の音」というのも絶対に必要だと思います。
    あくまで自分の音を中心に音色のバラエティを持つのが良いのかなと思ってます。

    実際、音作りというのはなかなかゴールがなくて、
    私もほかの方の音を聴いて「いい音だなぁ、こんな音出したいなぁ」
    と、思うこともよくあります。
    本当に、音作りは深いですよね!

    それで、DAWで音作りするか、エフェクターでするかですが、
    これは好みが分かれるところだと思います。
    私の場合はもともとバンド活動をしていて、
    多いときには月に10ステージとかやっていた時期もありまして、
    そうするととんでもない機材のライブハウスとかにあたることも結構ありました(笑)

    そういう中でできるだけ自分の音を再現するために
    マルチエフェクターで極端に言えば、どんなアンプでも同じ音が出るようにと
    散々弄った時期があって、そのために私にはエフェクターの方が扱いやすいという感じです。
    ですから、DAWで調整する方がやりやすいのであれば、それでよいと思います!

    私の場合はディストーションなどはDAWの方ではかけてません。
    マルチのみで音作りしてます!

    2017/02/14 21:42:21 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    すみません、字数が多くて入りきらなかったので続きです!

    次にDTMにおいて気を付けてることですが、
    私の場合は、ヘッドホンをつけてクリックを聴いて演奏するとき、
    ベースもドラムも打ち込みだったりすると
    「リズムに合わせよう」「綺麗に弾かなくちゃ」という感じで
    リズムに引きずられてプレイが固くなってしまうので、
    あまりそこに捕らわれないようにしてます。

    もちろん、クリックも聞きますし、ヘッドホンもするのですが、
    なるべく「録音している」という事実を忘れ、
    出来るだけライブのようにリラックスして曲の世界に入り込んで弾くようにしてます。

    シビアにリズムに合っていなくても、
    そういうプレイの方が感情が表現出来たり、勢いが出たり、
    大きな意味で曲に乗れているという感じがして個人的にはそっちの方が好きです。
    もちろん、これも曲によってで、
    シビアにリズムをジャストに合わせた方がいい場合もあると思いますが。

    あと、ギターソロなどは私は前もって考えず、
    録音するときに曲を聴きながら思うがままに弾いてます。
    考えて弾く、練習して弾く、ということをしてしまうと、
    その場の感覚でフレーズを変えることに臆病になってしまうという事で。

    あくまで私が個人的に気を付けていることはこんな感じです。
    あとPStkoさんが上げたコラボの曲、聴きました!
    すごく感情が揺すぶられる素敵な曲だと思いました。
    私もPStkoさんとは違った感じのアプローチで現在曲作成中です。
    近々にあちらにアップできると思いますので、聴いていただければ幸いです!

    2017/02/14 17:21:17 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こんばんは、mieuxです。
    PStkoさんの曲は私の書いたことのないタイプの曲があって、
    こちらこそ、勉強させて頂いてます。

    ギターについてのご質問にお答えしたいと思います!
    個人的な好みで言えばアンプ録音したいところですが、
    諸々の事情から、ピアプロで発表している曲は全てライン録音してます。
    ギター→マルチエフェクター→ラインインという形です。
    ただアンプシミュレーターがマルチに入っているので、それは使用してます。

    私がライン録音時に気を付けていることはやはり歪み系の音色です。
    1.なるべくシンプルに音作りする(ディストーションとイコライザーだけを使用してます)
     もちろんマスタリング時にはコンプレッサーやリバーブなどをかけてもらってます。
    2.低音を上げすぎない(圧力や迫力が上がって気持ちいいのですが、あまり上げるともこもこしちゃうので)
    3.高音を上げすぎない(音抜けは良くなるのですが、あまり上げすぎると耳に痛いキンキンした音になるので)
    4.歪ませすぎない(やり過ぎると「しゃー」という感じの音になり、音程が聴き取りにくいので)

    もちろんこれらは楽曲によって必ずしもというものではありません。
    曲によってはコーラスをかけたり、わざと歪ませすぎたりしますが、
    それでも多くの場合はこのあたりを気を付けてます。

    2017/02/14 17:20:28 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こんばんは、mieuxです!
    ご返信が少し遅くなって申し訳ありません。
    参考になるかどうか分かりませんが、
    ご質問にお答えします!

    1.私が使っているのはインターネット社のSingerSongWriterLite7です。
    2.私の場合すべてプリセットされている音源やエフェクトを使っています。
    3.これはちょっと特殊な事情とやり方でして、あまり参考にならないかもしれませんが、
     tsさんとはピアプロなどで知り合ったのではなく、元々、音楽仲間でして家も近いのです。
     tsさんは非常にご多忙なのですが、その縁でミックスをしてもらってます。
     なので、1からマスタリングをしてもらうと時間がかかりすぎるので、
     ある程度こちらで先に素材を用意してます。

     ・具体的には生楽器以外のシークエンス部分は私がミックスをしてオケとして用意します。
     ・ボーカロイドは軽くイコライジングして多少、好みの音質を作っておきます。
      ディレイやディストーションなど特殊な加工は前もって私が行っておきます。
     ・ギターは私の家には録音機材が無いのでtsさんのところで録音します。
      これも、録音時にマルチエフェクターで音作りしてから録音します。
     
     これらの素材をミックスしてもらい、
     リミッター、コンプレッサー、マキシマイザー、イコライザー、コーラス、リバーヴなどの
     マスタリングエフェクトをかけてもらっています。

     なので、こちらから細かく指示はせず、基本お任せです。
     出来上がったものにボーカルパートやギターパートのバランスなどで多少のリクエストをする程度です。

    4.音作りというほどではないのですが、リバーヴ、コーラスなどエフェクトをかけて好みの音にしてます。

    あまり参考にならないかもしれませんが以上です。
    また何かありましたらメッセージしてください!
    今後もよろしくお願い致します!

    2017/02/12 20:31:00 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

  • mieuxさん 高尾さん

    メッセージ

    こちらでははじまして!mieuxです。
    曲を聴いて頂き、過分なお言葉まで頂きありがとうございます!
    あちらの掲示板ですと話題が脱線してしまうので、
    こちらでお返事させて頂きます!

    ご質問などは、私の答えられる範囲でしたら
    出来る限りお答えしたいと思います!
    ただ、マスタリングに関しては知人にやってもらったりしてるので、
    どこまでお答えできるか分かりませんが。

    それでは今後ともコラボなどでよろしくお願いいたします!

    2017/02/06 16:42:10 mieuxさん から 高尾さん へのメッセージ

▲TOP