イチオシ作品

初音ミク

bpm130 4/4

ハジメマシテと 手と手を合わせた
繋いでみては また離れてく
予想通りと 暗示に似た声
深く 深く 沈んでいった

いつまで続くんだろう
エンドロールが終わらない映画みたい
どこまで行けるんだろう
先の見えない道を歩く癖がついた 

「凍えそうだ」

透明世界の主人公に
なれない僕はまだ半透明で

不確かなモノを確かめたくて
咲かない花に水を差した

退廃にそっと耳を寄せた
音のない予感に怯えている

壊れかけのステレオ繋いだ

1+1 = 2 だって言うけど
その公式が正解だとしたのなら

限りなく0に近い僕と君は
何になればいいんだろう

もうどうしようもないんだよ。
色を重ねるほどに失せてゆく景色

でもそこにいたいんだよ。
からっぽになり心拍が0になっても

「眠りそうだ」

透明世界の主人公に
なれない僕はまだ半透明で

不確かなモノを確かめたくて
咲かない花に水を差した

夕べに浮かぶおぼろ月は
涙の奥に滲んで消え去った

臆病な誰かを想った

透明な海を泳ぎたくて
見えない浮き輪に心繋いだ

誰かが呼ぶ声も遠くなって
知らない世界の物語

透明世界の主人公に
なれない僕はまだ半透明で

不確かなモノを確かめたくて
咲かない花に水を差した

夕べに浮かぶおぼろ月は
涙の奥に滲んで消え去った

臆病な誰かを想った

もっとみる

投稿日時 : 2014/03/26 11:41
▲TOP