イチオシ作品

リンカーネイション_歌詞

リンカーネイション 曇天の大都市に 耳鳴りがぱちり 願ったり 縋った覚えなど無いけど 大事変混沌の立役者 演者 記憶とさ傍迷惑の継承 汚れてしまった世界で 止まない雨に嗤ったり 灰に変わった世界で 確か 有限を夢見たんだ      最終走者は走る 結末へと 終わりにしようか ここらでさ たった一度のイレギュラー 少年は完全を拒んだ 奇跡も何も無い世界で ブラウン管の夢を見れたなら なんて素敵な事でしょう 神は今 標的と為る 転生神童の解答や如何に 今更平凡に恋焦がれたり   交差点 喧噪に少年がぽつり 何卒 後は宜しくと  二人ぼっちの世界で 最後に手にした林檎は たいそう調味料の味がして 愛しく思えたんだ 最終走者は走る 結末へと 主役の残骸を 踏みつけて 地球最後のチャンスは 存外無責任に託された 奇跡も何も無い世界で おとぎ話だって嗤えたら なんて素敵な事でしょう 神は今 標的と為る 泥沼掻いて網にかかって 祭り上げんだ 天才偶像 どの道寒い延命処置で イキがれなんてさ もう嫌だ カミサマずっと一人でさ 出来っこ無い理想を追いかけて 馬鹿な僕らにゃそもそも 飴は いらないんだ 最終走者は走る 結末へと 終わりにしようか ここらでさ 夢を見るため僕らは 夢の無い世界を望んだ 奇跡の匣が無い世界で それなりに生きて死ねたなら なんて素敵な事でしょう 神は最終章の今 標的と偽る

歌詞です。
投稿日時 : 2015/04/28 20:24
▲TOP