関連する動画

ひとりぼっち_歌詞

「ひとりぼっち」
作詞:ぴじょん
作曲:ぴじょん
歌 :初音ミク


[Verse_1]

青く白く キラキラ光る
景色の中 佇む私

冬の香り 吹き抜ける風
あなたとの始まりを 思い出すよ


大好きだった 重なるくらいそばにいたふたり
だけど 今はもう 声すら届かないね

HOOK
時計の針が重なる頃に 冷たい雨は雪に変わるの?
幸せ照らす街並みで 私 ひとりぼっち

夜空を見上げ お願いするの
溢れる涙も雪に変えてよ
あなたを写す思い出も すべて 溶かして…


[Verse_2]

遠く遠く 過ぎ去る季節
振り返れば 愛しい笑顔

隣にはもう あなたはいない
長い夢を見ていただけなのかな


伝え忘れていた 「ごめんなさい」も「さよなら」も
歌に乗せれば 届きそうな気がして

HOOK
暦の数が重なる頃に 冷たい雨は雪に変わるの?
思い出残すこの部屋で 私 ひとりぼっち

願いがひとつ叶うのならば 私の心も雪に変えてよ
静かに積もる悲しみも すべて 溶かして…


[Verse_3]

大好きだった 重なるくらいそばにいたふたり
だけど 今はもう 声すら届かないね

HOOK
時計の針が重なる頃に 冷たい雨は雪に変わるの?
幸せ照らす街並みで 私 ひとりぼっち

夜空を見上げ お願いするの
溢れる涙も雪に変えてよ
あなたを写す思い出も すべて 溶かして…

▲TOP