浮世アイロニー研究所さん

浮世アイロニー研究所さん

IronyLaboratory

(プロフィールはありません)

ピアプロバッジ

フォロー(1)

  • 近衛ミノル

フォロワー(2)

  • 六羊オン
  • 近衛ミノル

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

ニコニコ→http://www.nicovideo.jp/watch/sm30705333
YouTube→https://www.youtube.com/watch?v=woy7-QGCJzM

作編曲: ワカナミ所長, R.Y.
作詞: 篠

無機質な改札を 抜けた先に在るのは
カメラ屋の広告と 世間にありふれた日常

意識の底 何処か 誰かの名を叫んでる
何時の間にか 記憶すり替わってる 気がしてる

朝方のリヨンで 見つめる眼差しは
現実? それとも 空想(ゆめ)の中を見ているの?

壊れたモノを ただ 追う旅の中で
南の空に 儚き想い浮かべ
遠くなった窓に 褪せるセピア色
カケラだけを手に並べて

遥か遠い過去の 歴史(こと)は誰も知らない
もし 知りえたのなら 日常(いま)が崩れていくだろう

地下鉄は 心の奥の 色に似ている
不器用な笑顔は 窓の外をにらんでる

コンコースの風に 映り込む憂鬱(メランコリー)
最後のミッドランド ひらりゆらり 舞う灯り

雲の切れ間から覗く 冬の日時計
廻る世界の中で 季節(とき)を刻め
現代(いま)を生きた証拠(あかし) 昨日の明日
立ち止まって 考えるべきところ

溢(こぼ)れた声 隠すように Sky high
ふと見下ろした足元 One way

駆け出した 夜に降る粉雪 鳴り響く "la sonnete"
月照らす道で 見知らぬ街 言霊を探った
悴む指広げ 一人叫んだ 孤独の中
「二度と振り向かないで」

春を待たずして 散りゆく花たち
風に吹かれ 姿を消したのなら
誰へ向けられた視線だったか... なんて
今はもう意味を持たない

もっとみる

投稿日時 : 2017/05/02 01:38

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP