【初音ミク】夏宵の花(カヨイノハナ)【オリジナル】 > 作品つながり

動画投稿しました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27138085

↓歌詞
夜が迫る頃には
(優しそうな 風が吹いて)

遠く君が 待ちぼおけ
(揺れる髪の 後ろ姿)

冷たい手をひっぱっていく
(離れぬよう 離れぬよう)

遠く雷 みたいな
(音がしてる)

これは始まり


すぐに咲いたら 色がついて
月の側まで 飛んでいける 
一瞬 光る魔法で
あゝ あゝ

夜に咲いてる 雪の欠片
何度幻を 目にしながら
触れずにただ 空を切る 
手は儚く 


夜の 半ば頃には
(寂しそうな 風が吹いて) 


最後の蕾 打ち上がる
(これで最後)  
夏は終わりと


すぐに咲いたら 色がついて
月の側まで 飛んでいける 
一瞬 光る魔法で
あゝ あゝ

夜に咲いてる 雪の欠片
何度幻を 目にしながら
触れずにただ 空を切る 
手は儚く 

投稿日時 : 2015/12/17 23:09    投稿者 :バクロウ

「君と、夏の匂いは何処へ」こんにちはバクロウです。季節遅れの2作目です。作曲:バクロウ(mylist/5235...

▲TOP