水晶の靴 > 作品つながり

↓歌詞↓

瞼の裏に広がる 孤独の暗闇の中に
きらめくスペクトル 七色に輝く橋
僕は丁寧に 慎重に 足を踏み出したけど
橋は薄くて脆いから 向こう側へ渡れないよ

鹿頭の祈祷師が 茜色の祭壇で
僕に言った言葉 「水晶の靴を探せ」

ここは僕の海原 道閉ざす黒い壁
世界を拒んで 静かにそびえたつ
せきとめた波濤の 淀みの中に埋もれた
確かにそこにある 存在を探している まだ

「僕」という存在の 内側に目を向ける
忘れかけた波の奥に 探していたものはあった

水晶の靴の光 橋と僕を繋いでく
黒い壁の向こう 朝焼けの茜色と
決して絶えることのない 大海がそこにあった
僕の海もきっと そこに繋がっている

そこに繋がっている!

投稿日時 : 2018/03/18 22:31    投稿者 :littlerock_24

オリジナル曲 Original music
Lyric,Song:Littlerock_24
Vocal:Ka...

この動画の関連作品

水晶の靴

9曲目です。いつもジャンルを意識して作ることはないのですが、これは何となくロックっぽい気がします。目を閉じると...

この動画の関連作品

水晶の靴
▲TOP