独完 ひろきさん

独完 ひろきさん

jibakutanuki

(プロフィールはありません)

依頼受付中

(メッセージはありません)

最終更新日時:2017/08/02 18:25:39

ピアプロバッジ

フォロー(2)

  • 重音テトオフィシャルサークル「ツインドリル」
  • ピアプロ運営

フォロワー(3)

  • アウル
  • 光音ホセ・JAVI
  • kuwahara P

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

※勝手な設定↓
遠い未来、人類は滅んでしまっていた
・・・ただ一人の年老いた天才博士を除いて
博士は持てる知識と技術をすべてつぎ込み
一体のアンドロイドを作った
名を『初音ミク』

当初の目的は退屈を紛らわせるためだったが
ミクが歌を歌うと不思議なことが起こった
枯れ池に水が湧き、荒野は芽吹き、分厚い雲は散り太陽が顔を出したのだ
そして気が付くと博士は涙を流していた、これが一番衝撃的だった
故郷を失くし、友人を失くし、家族を失くし、人類すら滅んでも博士は涙を流さなかったからだ
一度堰を切った感情は博士の意志とは関係なく溢れ続けた
「退屈を紛らわすなんて嘘だ、本当は寂しかったんだ。本当は失くしたくはなかったんだ、、、もし過去に戻れるなら、、、!」

博士は持てる愛情と希望をすべてつぎ込み
一体のアンドロイドを育てた
ただのアンドロイドではない
不思議な歌声を持つ「ボーカルアンドロイド」
名を『初音ミク』

そして博士はミクの歌声を研究しついに
歌声のエネルギーによるタイムワープを可能にした
が、しかし博士の身体は
タイムワープに耐えることができないほど衰えていた
今はやっとバイオテクノロジーにより何とか生き延びているのだ

博士はミクにすべてを託すことにした
「過去に行き、その不思議な歌声で人類を、、、大切なものを救ってくれ、、、、、頼んだぞ

、、本当は寂しかったんだ、だから

もしまだそこにいるのなら、さいごにきかせてくれ」




―西暦2007年8月31日―
未来から初めての音がやってくる

もっとみる

投稿日時 : 2021/04/22 23:32
▲TOP