モモコさん

今年受験なんで放置しますっ!!たまーにinしますw

モモコさん

モモコさん

momoko0507

今年受験なんで放置しますっ!!たまーにinしますw


ヾ(☆´・ω・)ゞ──+。'*.゜:。Wёιсοмё+。'*.゜:。──ヾ(・ω・`★)ゞ



はじめまして!!

主に小説を書いてるモモコです。
最近ずっと放置してたのでこれから頑張って新作書きますっっ


なにげに友達募集中…ヾ(●´∀`●)ノ
みんなじゃんじゃん話しかけてねん☆


↓一応プロフィール↓
名前:モモコ

学年:中3

年齢:15



よろしくお願いします(ノ´∀`*)

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(60)

  • 亜梨亜
  • halyosy
  • すずな
  • アカシ
  • 雪りんご*イン率低下
  • シノイ
  • 結菜
  • 瑞たまり
  • 96猫@歌い手
  • 水無月
  • たま 
  • 弥麗幸宏

フォロワー(25)

  • 亜梨亜
  • シノイ
  • 結菜
  • 雪葉
  • 華月
  • 瑞たまり
  • コン太。
  • 弥麗幸宏
  • ミジンコ。
  • ぼん   元まいテル
  • 鋼壱
  • 梅 

イチオシ作品

キャットフード ① ミクオside.

ザー… ザー… 「ミク… 雨だぞ。早く帰って来い―――…。」 * 1人の猫のような彼女の話をしよう。 僕の"猫"であり、僕の"彼女"だった女の子の話を……。 * 彼女と出会ったのは、今日みたいな雨の日だった。 僕 -初音ミクオ- は仕事を終え、家に帰ろうとしていたら急に雨が降り出した。 「おいおい、マジかよ…。」 今日の朝の天気予報では、雨が降るなんて一言も言ってなかったのに…。 心の中で文句を言いながら、僕は走った。 (もちろん、傘なんて持っていないからだ。) 僕の家の前にある公園を通り過ぎようとした時。 彼女を見つけたのはその時だった。 彼女は雨で濡れ、体は冷え切っていた。 「ちょ、大丈夫!?」 僕は必死に声をかけたけど、全く反応しない。 …このままにしてちゃ駄目だよな。 そう思った僕は彼女を家に連れて帰ることにした。 この公園と僕の家は、目と鼻の先。 身元が分かれば家に帰してあげればいい。 そんな気持ちで彼女を抱きかかえ、家に連れて帰った。 * 「ただいま。」 僕は一人暮らし。返事がないと分かっていても言ってしまう。 多分、癖のようなものだ。 「んっ……?」 彼女をソファの上に横にならせた途端、彼女が声を出した。 「目が覚めた?」 僕は優しく声をかけたつもり。 でも彼女は目を見開き、周りをキョロキョロしていた。 「えっと…。誰…、ですか?あたし、公園で飼い主探してて…。」 ………は? 僕の頭の中は、はてなでいっぱいだった。 だって、飼い主って…。 君は人間だろう? そう、ききたくなった。 「えっ…と、飼い主って、どういうこと?」 「んー、説明はあなたがあたしをこの家で飼ってくれたらしてあげる。」 僕はもうこのときから、彼女に惹かれていたんだと思う。 だって、 「わかった。飼うよ、君のこと。」 こんな返事をしてしまったんだから。 これが僕らの物語の始まりだった。 でも今、僕の家に彼女はいない。 ミク…お前は今どこにいるんだよ―――…

お久しぶりです。


今回、久々にキャットフードの自己解釈をうpさせていただきました!

あまり時間が取れないのでカメ更新になると思いますがよかったらお付き合いください<(_ _)>
投稿日時 : 2013/12/27 15:59

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP