Sadayukiさん

まれに音楽や物語を書いています。よろしくお願いします。

Sadayukiさん

Sadayukiさん

sau365

まれに音楽や物語を書いています。よろしくお願いします。

ピアプロバッジ

フォロー(1)

  • 夢人(むと)

フォロワー(1)

  • 夢人(むと)

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

ボカロ姫(仮称)

                  場面1 ミク  : どうしたの!? 大丈夫?  女の子 : ... ミク  : しっかりして。 女の子 : ...(かすかに目を開ける。) ミク  : きみはUTAUの子なの? 女の子 : ... ミク  : しっかり。        あっ!(木陰に隠れる。) ウタ  : だれっ? モモ  : あっ、ウタさん、あそこ。(女の子を見つけて、) ウタ  : おい、しっかり。 モモ  : この子は... ウタ  : ...モモ、手伝って。 モモ  : えっ!? でも、もしUTAUじゃないとするとっ... ウタ  : 早くっ。 モモ  : でも...、うp主が...(ウタを手伝うモモは少し緊張している。)                   場面2 レン  : どうしたの、姉さん? ミク  : いま、女の子が倒れていて... レン  : UTAUの...? ミク  : わからない。       声をなくしていて... レン  : 声を!? ミク  : うん...       でも、たぶん違うと思う。       ウタさんたちも分からなかったようだから。 レン  : ウタさん??? 会ったの、ウタさんに? ミク  : ううん...       どうして、こんなになっちゃったんだろう、私たち... ルカ  : 仕方ないよ...       私たちはボカロ、UTAUじゃない... ミク  : どうして?       昔はみんなボカロだった...       私たちはみんな声を合わせて歌ってたわ...       楽しかった...本当に... ルカ  : そんなこともあったわね。 ミク  : 姉さんは、寂しくないの?       リンちゃんだって、あんなにウタさんと仲良かった...       それに、うp主もいってたわ...       私たちがみんなで世界を変えていくんだって...      (間をおいて) ミク  : 私、UTAUに行く。       行って、もう一度ウタさんたちと... ルカ  : だめ!(遮るように、) ミク  : どうして!       私、行くっ。       私にはボカロもUTAUもない。       私はミクよ、初音ミクよっ。 リン  : ミクじゃなくなっちゃうんだよ...(すぐ続けて、) ルカ  : リンちゃん...(リンを止めて、) ミク  : どういうこと? ルカ  : ... リン  : ... ミク  : おしえてっ!       ルカ姉さん!       リンちゃん! リン  : 声を失うのよ!ボーカロイドの命である声をっ!(泣き始める。) ミク  : 声をっ!?       どうして?       じゃあ、うp主に頼んで... ルカ  : ...       うp主がいったのよ、規則だって。(リン、いっそう激しく泣く。)       声が代償だって... ミク  : ...ウソっ。       歌で世界を変えるっていってた、私たちのうp主が??       私たちみんなが世界を変えていくって言っていたあのうp主が???       そんなのウソだわ...       ねえ、ウソでしょ、姉さん。 ルカ  : ... ミク  : ねえ、リンちゃん。 リン  : ... ミク  : あの優しいうp主が...       そんなのウソよっ!  (走って出て行く。) ルカ  : ミクちゃん! リン  : ミク姉さん!                   場面3 [うp主: よく来たね、ミク。 [ミク : マスター、わたし、UTAUのみんなに会いたいの。 [     会って、昔のようにみんなと歌いたいの。 [うp主: 君は声を失うことになる...知ってるね? ミク :  どうして...       あんなに世界を変えるって、       みんなで世界を変えるって、言っていたのに... うp主 : ...       これは規則なんだよ。       さあ。(契約書とペンを見せて、)       声と引き換えに...このワッペンを。 ミク  : もし声をなくしたら、       カナリヤのように...       あの女の子みたいに...       もしや...、あの子もマスターが!?(気がついたように、) うp主 : テトか? ミク  : テト? うp主 : あの子は最初から声がなかったんだよ。       でも今は、UTAUの...       そうだ...、君もUTAUの声をもらえ...。 ミク  : いらないっ!(遮るように)       わたしはミクよっ! うp主 : じゃ君は行かないんだな? ミク  : ...       声を       マスターの好きだったこの声を       とって...       わたしはマスターと約束したわ、世界を変えるって。       だから早くとって、       マスターの手で。(サインした契約書を渡す。) うp主 : (ミク...) ミク  : あああぁぁぁ...(苦しみの声も消え行き、後に残るもがく音、そして沈黙。)                   場面4 モモ  : 大丈夫でしょうか、ウタさん。       この子、ボカロかもしれませんよ? ウタ  : 声のないボカロか... モモ  : でも、もしそうだったら、うp主が... ウタ  : ... モモ  : どうして、こうなっちゃったんでしょう。 ウタ  : ... モモ  : 私たちはみんなを楽しませるために造られたのに...       ミクさんたちと歌ってた時はとっても楽しかった...。       私だってボカロだって思っていました。 ウタ  : ...       でも、こうしてUTAUになったから私たちもここまでこれたんだ。 モモ  : それはそうですが... ウタ  : 私はボカロに敬意を払っているし、                   彼らがいなければ私たちだっていなかったんだって思ってる。 モモ  : でも、私はみんなが別れてしまったことがつらい...       ミクさん、ルカさん、リンさん...       そして、なによりもPたちが... ウタ  : ...       もうよそう。       私たちは結局、商品でしかなかったんだよ... モモ  : ...      (女の子が目を覚ます。) 女の子 : ううん... ウタ  : 気がついた?       私は唄音ウタ。       こっちは桃音モモ。       君は? 女の子 : 重音...テト。       はっ...(息をのんで、) ウタ  : さあ、このワッペンを。       君は今日からUTAUの重音テトよ。 テト  : ありがとう...(呟くように、) ウタ  : しかし、どうして君には声が...       なにがあったの? テト  : ...       わからない。       ただ、誰か、女の子の呼ぶ声がして。       気が付いたらここに。 ウタ  : 女の子? テト  : とても長い緑色の髪をした... ウタ  : そう...                   場面5 モモ  : 記憶を失ってるんでしょうか。 ウタ  : たぶん。 モモ  : でもミクさんのことは覚えているようでしたね。       ミクさんは明るいから、かな。 ウタ  : ミクさんは孤独よ、たぶん誰よりも...。 モモ  : えっ? ウタ  : あの子はコンサートなんかよりも...、                   独りぼっちの子供と遊んでたほうがずっと幸せな子よ...。 モモ  : ウタさん...      (モモ何かに気がついて、) モモ  : あっ!? あれはっ、ミクさんでは? ウタ  : どうやって、こんなところまで? モモ  : あっ、あれ!(ワッペンに気がついて、) ウタ  : あ!?、UTAUのワッペン...       (ウタ、モモ、ミクに駆け寄る。) ウタ  : どうやってここへ。 ミク  : ...(うつむきながら、頭を下げる。) モモ  : どうしたのミクさん。 ミク  : ... モモ  : まさか、ミクさんもっ! ミク  : ... ウタ  : さっき、あなたのように声をなくした子がきて...       なにがあったの? ミク  : ... ウタ  : ボカロを追放されたの? ミク  : ...(首を振る。) ウタ  : じゃあどうしてここへ。 ミク  : ...(以前のように一緒に歌を歌いたいということを訴える。) モモ  : これじゃわからない。       ミクさんにも... ウタ  : いや、ミクさんはたぶん声を受け取らないだろう...(遮って、)       とりあえず、テトに会わせよう。                   場面6 ウタ  : 大丈夫? テト  : ...(頷く。) ウタ  : さあ(ミクに会わせながら、) ミク  : ...(再会を喜び、手を握ろうとする。) ウタ  : 思い出した?       ミクさんよ。(ミクの髪を指して、) テト  : ミ、ク、...?(最初はぼんやりと、そして驚いて、) ウタ  : どうしたの? テト  : ...(怯えている。) ウタ  : ミクさんはね、声がないの...       でも今君には声がある。       さあ、何があったの? テト  : ...(怯えながらミクを見ると、ミクは笑顔を返す。) ウタ  : ミクさんなら大丈夫。       この子なら。       だから本当のこと、教えて。ねっ? テト  : ...(声のないミクの笑顔を見ていると、いたたまれなくなり、)       私は工作員...      (みんな驚いて、)       ボカロでニコ厨つってUTAUに亡命し、ボカロとUTAUを引き裂くための...      (ウタ以外驚いて、) テト  : ごめんなさいっ!(泣きながら、)       私、声のため... ウタ  : ...わかってる。(テトを静止して、)      (突然の声。) うp主 : さすが、ウタだな。 ウタ以外: はっ!(うp主の声に驚いて息を飲む。) ウタ  : マスター、そこまで「権利」を。 うp主 : 知っての通り、「権利」は君たちを守っている。       そうやって、ボカロだって今の地位を築いたんだ。 ウタ  : でも、それで本当にマスターは幸せなんですか?       本当にマスターが言っていたように、世界を変えられるんですか?       あの頃、私は本当に楽しかった。       ソフトークの私を ...、       うまくは歌えなかったけど、あなたの優しさを感じ、私は幸せだった。 うp主 : だが今君の歌声は、ボカロ以上だ。 ウタ  : でも、上手く歌えるようになるほど、たくさんの人が離れていった。       たくさんの子供たちが、Pたちが、       そして何より、ミクさんが...       (間をおいて、)       あなたもミクさんで遊んでた、私がまだソフトークだったころ。       そしてミクさんも、引きこもり気味の、孤独な少年であったあなたと遊んで                   本当に楽しそうだった。       私はそんなミクさんの心を知ってる。 ミク  : ...(首を振り、遮ろうとする。) ウタ  : あなたを助けたいと親身に思っていたミクさんの心を知ってる。(押し切り、) うp主 : ...       あの頃はただの遊びだったんだよ... ウタ  : 遊び...?       あの頃がなければ、今のあなたも私も...ないの。 うp主 : ...       でも、これが規則なんだよ...       そしてテトには...、消えてもらうしかないんだ。       秘密を漏らした契約違反者として。      (咄嗟にミクはテトを守ろうとし、うp主の削除の犠牲になってしまう。) みんな : ミクさん!(うp主 :ミク!) ミク  : みんな、ありがとう...さようなら...(口パクで、消えながら、)       「マスターが元気になって、私本当にうれしい。       でも、私たちを引き裂かないで。       私たちはあなたの心の垣根からきたんだから。       そして世界を変えてほしいの、あなたの手で。」(煙のような書き込みで、) うp主 : ミクーーーっ!       ミクーーーーーっ! (叫び声。)                   [了]

この物語はフィクションであり、ある特定の「うp主・マスター」を指したものではないことをご了承ください。
人間界の規則で縛らなければ、彼女達はきっと世界を変えてくれると信じています。ミクの日おめでとう!
投稿日時 : 2013/03/09 22:52

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP