またねのちから

投稿日:2012/11/08 18:56:29 | 文字数:422文字 | 閲覧数:126 | カテゴリ:その他

ライセンス:

またねのちから
これは友達に教えてもらった素敵な言葉。



バイバイ!!!って手を振って分かれたときに、

「ばいばいじゃなくって、またな!!またあそぼうぜ!!」
って言われてすごく感動してしまった。

まだポエムチックだけど、これをどうにかして歌詞のようにしたい!って思って今試行錯誤中!!!

歌詞ってどうやって構成していけばいいんだろう??
難しい。。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

またねのちから
作:マナト

☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*


楽しい時間はあっという間で
さよならの時間(とき)が近づいてくる

まだまだ一緒にいたいけど
君のそばにいたいけど

時間は止まることく進んでく

『またね』
そんな風に言われたら、ちょっと切なくなる
でも『また』次があるって思える



『バイバイ』
より
『バイバイ、またね』


って言われると
切ないけど
次までが
『また』待ち遠しくなる


『つぎ』まで
不安もいっぱいだけど
『また』嬉しくなれる日がくる


だからそれで『また』がんばれる




『またね』は別れの言葉なんかじゃなくて


約束の言葉


また明日
また遊ぼう
また会いましょう

また…

また…



たった二文字だけど
沢山の気持ちが詰まってるんだ


今できることは今やらなきゃだけど

また沢山の笑顔がみれるように

また
沢山の笑い声が響くように

はじめまして。


基本は皆様のすばらしい作品を眺めて、聴いて、ニマニマしています。

自分で歌詞も書くこともあると思います。
今書き溜めています!!




よろしくお願いいたします★

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    歌詞作りは難しいよね~

    詩は思いを長文として成立させると考えると、歌詞は短文。
    流れる言葉でなく単発的に耳に入る言葉と考えればわかりやすいかな☆

    単発にすることで言葉にリズムが生まれる。
    それを、作られた曲や頭の中のメロに当てはめる。
    でも長文よりも感情や思いが伝わりにくいから、言葉一つに対しても強い(印象的な)言葉を選んでいく。
    そこまでできたら、今度は言葉を曲に合わせてパズルのように組み替える。この組み換え作業がセンスって感じかな。

    詩は詩一つで成立するけど
    歌詞はメロと一体で初めて効果(力)が発揮される。

    書いてたら難しい感じになっちゃったけど、マナトさんの歌詞を読んでると殆どできてるからあとは書いて書いて書きまくる!

    これだね★

    2012/11/09 16:43:03 From  mimi

▲TOP