体温に触れて

投稿日:2016/10/09 19:42:29 | 文字数:430文字 | 閲覧数:111 | カテゴリ:その他

ライセンス:

ポエム

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

苦しみだけが溢れてるわけじゃないのに、

悲しみだけが溢れてるわけじゃないのに、

この世界で生きてるだけで痛いもんだ。

善く生きようとしているのに、

笑っていたいのに、

どうしたって自己嫌悪。

「死んでしまいたい。」じゃなくて、

「生まれてこなければ良かった。」

そこに辿り着く。

深い闇に潜り込んでは居座って、

親指を咥えて光を眺めてる。

「どうせ自分なんて」って拗ねて

結局、本当の自分よりも他人を見てる。

どれだけ心を甚振っても、

どれだけ傷を付けても、

物足りなくて、赦しきれなくて、

気付けば助けてって心が叫んでる。

それを必死で抑え込むの繰り返し。


もう良いじゃないか。

そうやってたった1人もがいてきたんだ。

自分を許すのは怖くないよ。

笑ったって痛くないよ。

自分の中から無くなることはないんだから。

これ以上、本当の自分を殺そうとしないで?

ここで泣いていいんだよ。

何度だって寄り添うから。

kαzu(かず)です。
アイコンは7・7・4さんから。
Twitter:@0_DIVING

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP