KAITO's TALK その2ですよー

投稿者: usericon夜狗さん

投稿日:2013/01/11 22:09:58 | 文字数:2,791文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:その他

ライセンス:

ちょこっと修正(゜ω゜)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【31にてカイト一人でアイスもりもりしてるところに快音君登場】


快「あれ、カイトさんだー」

カ「あ…快音君。こんにちは」

快「マスター待ちなの?」

カ「まぁ…そんなとこです。マスターの買い物に付き合うとか面倒なので」

快「結構…厳しいんだね」

カ「そういう快音君もマスターさん待ちですか?」

快「うん!もう少し時間かかるからアイス食べながら待ってていいよって」

壱「わぁ、KAITOが二人もいる~」


【壱君登場で三人合流】


快「あ、壱君だ」

カ「こんにちは、壱君。KAITOが三人も揃うなんて珍しいですね」

壱「えへ~、今日はね、マスターがお誕生日だからってアイスケーキ予約してくれたから取りにきたの!」

快「アイスケーキ?わぁ、いいな~」

カ「壱君も快音君も、とても優しいマスターさんをお持ちで」

快「…ねぇ、カイトさんはマスターと仲悪いの?」

カ「そういう訳じゃないですよ。…なんていうのかな、お互いにジャーマンスープレックスをかけたくなるような仲って感じ、ですかね」

壱「な…仲良い、ねぇ?」

カ「ボカロだから、マスターだから、だなんて関係ないですよ。目には目を、歯には歯を。コレが信条!」

快「はぁ…カイトさん強いなぁ…」

カ「そういえば快音君と壱君のマスターさんはどんな方なんですか?」

快「ウチのマスターはヘンな人だよ~?いつだったかピラメキーノ観てる時、ポテチ風呂入ってるダルさん見て「うらやまし~」とかいってるし。
こないだなんて冷蔵庫に買ってきたシャンプー、しまおうとしてたし…」

カ「アイス風呂なら、是非」

壱「あ、オレも!アイス風呂なら入りたい!」

快「やっぱりポテチ風呂よりも断然アイス風呂だよね~。」

カ「壱君のところは最近何かありました?」

壱「最近のマスター?…最近オレ以外と遊んでて、オレの事構ってくれないんだよね…。
オレはお喋り担当だからっていうのもあるけど…構ってくれないとデータ破壊しちゃうぞ!って脅しt…じゃなかった、注意はしてるんだけどね?」

快「気持ちは分かるんだけど、お手柔らかにね?」

カ「いえ、そういうのは一度ガツンとやった方がいいですよ。俺はフォルダごとデータ消してやりました」

快「そ、それは…さすがにやりすぎじゃ…」

カ「ネタばかりさせるマスターが悪いんです。嫌な事は嫌だと、しっかりとアピールするのも大切ですよ?」

壱「そっか…一度、ガツンと…」

快「…と、ところで気になってたんだけど!カイトさんはさっきから何味のアイス食べてるの?」

カ「あぁ、これですか。レモン牛乳アイスですよ」

壱「え、レモン牛乳?」

快「そんな味あったっけ?」

カ「いえ、31のアイスじゃなくて、俺のマスターが住んでる地域で売られているやつです。いわゆるご当地アイスですね」

壱「31でまさかの持込アイス!」

カ「美味しいですよ?まぁ31の味を知ってしまえば、もうこちらのアイスが食べられなくなるのが欠点ですが」

快「それは本当に美味しいって事でいいの…?」

カ「他にもかんぴょうアイスというのもあるみたいですけど。いいですねぇご当地アイス。いつか制覇してみたいです」

壱「もっと普通のアイスはないの!?」

快「レモンと牛乳とか…混ぜちゃいけない組み合わせな気がするんだけど」

カ「大丈夫です問題ありません。無果汁です」

快「ご当地かぁ。そういえばこの前ご当地のゆるキャラのグランプリとかやってたね」

壱「あ!それ知ってる!一位になったの、なんだっけ?えーっと…ワリィ…さん?」

カ「いや、確か……ヤリィ!」

快「違う!違うよ二人とも!バリィさんだよ!」

壱「あ!そうだ!それそれ!たしか…こんなキャラだよね?」


【バリィさんうろ覚え大会】

「その紙は何処から出したの?」
「さっきもらったチラシの裏!」
みたいな会話が流れます。
夜狗の子は絵が下手という設定でネタに走りますので相槌お願いします(笑)


カ「最下位だけど一位並みに有名なキャラもいましたよね?」

壱「あ、シテヤンヨ?」

快「え?」

カ「え?」

壱「え?」


【にしこ君うろ覚え大会】

「にしこ君のデータがシテヤンヨに上書きされました…」
的な会話が流れます。


壱「ご当地キャラならうちにもいるよ!ん~っとねぇ…」

(歌いながら)あおもりもりもりあおもりまい♪

壱「こんなのー!」

【お絵かき披露】

カ「あ、こんな感じのキャラ、スーパーのお菓子売り場コーナーでアニメ流れてた気が…」

快「絵、上手いねぇ壱君」

壱「へへ~」

カ「壱君、青森なんですね。俺は栃木だからかなり遠いなぁ」

快「ところで今の歌は青森の県民歌?」

壱「え、普通にCMで流れてるよね?」

快「え、いや…初めて、聞いたけど…」

壱「ええええ、うそ!じゃぁ何なら流れてるの!?」

カ「…うちの方、だと…」

(BGM)にゃんまげーににゃんまげーににゃんまげーににゃんまげーにとーびーつーこーおー♪
(栃木の日光江戸村の歌を歌わせます)

カ「…なら流れてましたけど」

快「飛びつくものなの!?」

カ「実際に飛びついてくるのが野郎とか子供だから、キレて反撃してきたという事件もあるそうですよ」

壱「なかなか…パワフルな猫さんだぁ…」

カ「快音君は千葉でしたっけ?何かあります?」

快「えーっと…何かあったかなぁ…。あ!歌じゃないけど、ご当地ヒーローの決め台詞があります!」

壱「どんなの?どんなの!?」

快「『見せてやるぜ!俺の木更津スピリット!』」
(バアァン!みたいな効果音欲しいですねw)

壱「きゃー!かっこいい!」

カ「ご当地ヒーロー…そんな格好良い人がいるとは…」

快「やっぱりヒーローはいくつになっても憧れますよね~」

壱「アイスのヒーローとか居ればいいのになー…ん?アイス?」

カ「どうかしましたか?」

壱「あぁ!忘れてた!早く帰らないとアイスケーキ溶けちゃう…」

快「あ、オレも…マスターがそろそろ戻ってくるかも」

カ「じゃぁこれで解散、かな。マスター放っておくとゲーセン行っちゃうから俺も迎えに行って来ます」

快「…出会い頭に技とかかけないでね?」

カ「人前でそんな事しませんよ…」

壱【感想を一言どうぞ】

快【感想を一言どうぞ】

カ「また一緒にお話出来るのを楽しみにしてますよ」

快「じゃぁこれで…」

壱「あ、そうだ!快音くんとカイトさん、お誕生日おめでとう!」

快「ありがとう。壱君もカイトさんも、誕生日おめでとう」

カ「はい、ありがとうございます。壱君、快音君、誕生日おめでとうございます」

■□■mixi maimiku コラボ。■□■

【acuzis】【夜狗】【みくる。】【琉那(ねぇねぇP)】マイミクさん専用コラボです。



◇KAITOお誕生会2015オリジナル曲動画公開中~ヽ(´▽`)/

【KAITO V3】僕がそばにいるよ【お誕生会2015】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25581237

制作お疲れ様でした~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


<<メンバーの皆さんへ>>


◆ネタ募集中です!
(2015.02.20.更新)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP